タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯スポーツ(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60794300 
科目名   水泳実習  
担当教員   森山 進一郎  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   S405    開講学期   春学期  
曜日・時限   火3   単位区分   選択  
授業形態   実技/実験/実習   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   131E73 
ねらいと目標 ①指導対象者の見本となる泳技能を獲得すること
②指導対象者に応じた水泳指導法について、理論的根拠および幇助の仕方をあわせて理解すること  
内容 学校体育における「水泳」にて扱う内容を全般的に学習すると共に、基礎的な指導法の学習や水泳の授業運営について多角的に学習する。加えて、自身の泳力向上を目指してトレーニング的要素も取り入れる。具体的には、以下の6つの内容を中心に取り組む。
①水の物理的特性 ②各種泳法の技術的特性 ③競泳競技規則と審判法 ④プール管理 ⑤水泳指導法(水泳トレーニング法を含む) ⑥安全水泳の心得  
テキスト なし 
参考文献 「水泳コーチ教本(第3版)」、「水泳指導教本(三訂版)」公益財団法人日本水泳連盟編(大修館書店)、「基礎からマスター水泳」柴田義晴著(ナツメ出版),その他、授業内で適宜紹介する。 
成績評価方法 実技課題等 80%
平常点   20%
・実技課題等は、授業内で指示する各種泳法のフォームの習得度合いおよび理解度を評価する。
・平常点は、授業に取組む態度等を総合的に判断して評価する。 
授業スケジュール(展開計画) 初回授業は、教室にて行う。
6回目以降は、履修者全体を2グループに分ける。
内容
1授業の進め方,規則や到達目標に関する説明とプール実技に向けた現状の把握
2水泳の意義と水の物理的特性や水泳・水中運動の特性の理解
3学習指導要領からみた水泳
4プールにおける安全と管理
5各種泳法の技術と指導法
6クロールの理論、実践、競技規則および指導法の基礎(グループA:エアスイム/グループB:プールスイム)
7クロールの理論、実践、競技規則および指導法の基礎(グループA:プールスイム/グループB:エアスイム)
8背泳ぎの理論、実践、競技規則および指導法の基礎(グループA:エアスイム/グループB:プールスイム)
9背泳ぎの理論、実践、競技規則および指導法の基礎(グループA:プールスイム/グループB:エアスイム)
10平泳ぎの理論、実践、競技規則および指導法の基礎(グループA:エアスイム/グループB:プールスイム)
11平泳ぎの理論、実践、競技規則および指導法の基礎(グループA:プールスイム/グループB:エアスイム)
12バタフライの理論、実践、競技規則および指導法の基礎(グループA:エアスイム/グループB:プールスイム)
13バタフライの理論、実践、競技規則および指導法の基礎(グループA:プールスイム/グループB:エアスイム)
14各種泳法の技能の確認と個人メドレー(グループA:エアスイム/グループB:プールスイム)
15各種泳法の技能の確認と個人メドレー(グループA:プールスイム/グループB:エアスイム)
授業時間外における学習方法 理論の理解を深めるために、配布資料の再確認や授業で紹介する図書などを読むこと。
泳技能を向上させるために、授業内で紹介する映像料などを積極的に見ること。 
以上の所要時間は、あわせて1時間とする。  
授業のキーワード アクティブラーニング、水の物理的特性、泳法の技術、水泳指導法 
受講補足(履修制限等) 現在、医師等により水泳を禁止されていない者。 
学生へのメッセージ 本学は屋外プールである。そのため、短期間で単位修得のための泳技能を身につけなくてはならないため、毎回の授業には心身ともに万全の状態で参加してほしい。 
実務経験のある教員による科目 この授業を担当する教員は、民間のスイミングクラブや地域の水泳教室などで、初心者から選手まで様々な泳力レベルの泳者を対象に水泳を専門的に指導してきた経歴がある。当該授業は、担当教員の実務経験に基づいて、到達目標に示した知識や技能の修得を目指して実施される。 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔オンデマンド形式と対面形式を併用する。
原則的として、講義(初回授業以外)とエアスイムはオンデマンドとし、プールスイムはプールにて行う。
適宜、受講者と相談の上進める。 
その他 水着、スイムキャップやゴーグルなどについては、初回授業時に説明を受けてから準備すること。
授業スケジュールは、天候などによって多少変更する場合がある。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.