タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯スポーツ(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60794200 
科目名   体操競技実習  
担当教員   仲宗根 森敦  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   体育施設    開講学期   春学期  
曜日・時限   火1   単位区分   選択  
授業形態   実技/実験/実習   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   131E73 
ねらいと目標 技能については、中学校高等学校学習指導要領保健体育編に例示されている程度の技の習得、及びそれらの技を基にして構成した演技の実施ができることを目標とする。 
内容 この授業では、体操・器械運動の技の習得をすることによって、技の構造やつまづき、さらには安全に実施するための配慮等を学ぶことを目的とする。特に、体操・器械運動の技の指導というものを、自らの身体で体験することによって指導する際の留意点やポイントを理解できるようになることを目指すものである。 
テキスト なし 
参考文献 教師のための器械運動指導法シリーズ(金子明友著、大修館書店)マット運動、とび箱・平均台、鉄棒運動 
成績評価方法 ・授業参加度(30点)
・技能テスト
 マット運動(40点)
 とび箱運動(20点)
 鉄棒運動(10点)
※※技能テストのマット運動、とび箱運動、鉄棒運動は必ず受けること 
授業スケジュール(展開計画) 第1回 マット運動 逆位について(倒立とそのバリエーション)
第2回 マット運動 前転とその発展技の練習方法について①
第3回 マット運動 前転とその発展技の練習方法について②
第4回 マット運動 後転とその発展技の練習方法について
第5回 マット運動 側方倒立回転の練習方法について
第6回 マット運動 倒立回転とびとその発展技の練習方法について①
第7回 マット運動 倒立回転とびとその発展技の練習方法について②
第8回 マット運動 技の組み合わせと巧技系の練習方法について
第9回 マット運動 技能チェック
第10回 とび箱運動 切り返し系の技の練習方法について
第11回 とび箱運動 回転系の技の練習方法について
第12回 とび箱運動 技能チェック
第13回 鉄棒運動 逆上がりと下り技の練習方法について
第14回 鉄棒運動 前方支持回転と後方支持回転の練習方法について
第15回 鉄棒運動 技能チェック  
授業時間外における学習方法 授業内で理解したポイントやコツなどは忘れないように書き留めておくこと。また、必要に応じてプリント等を随時配布するので、紹介された図書と併せて読むこと。 
授業のキーワード 器械運動、マット運動、とび箱運動、鉄棒運動 
受講補足(履修制限等) 長髪の者はゴムなどで髪を縛り、運動の妨げにならないようにすること。腕時計、貴金属類は外して授業に臨むこと。また、体育館シューズを履いて受講しても構わないが、ポイントのある体育館シューズ(フットサルシューズ等)は、危険であり、マットを傷つけるため、履かないようにすること。 
学生へのメッセージ スポーツ運動にいては、「怖い」と感じることによって上手くいかないということは多々あります。この授業では器械運動の技の習得を通じて、その「怖い」に対しどうやって克服していくかを学び、運動学習そのものを深く考えられる場になると思います。 
実務経験のある教員による科目 ○ 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式 
その他 授業の進行度によって内容が変わることがあります 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.