タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯スポーツ(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60793700 
科目名   陸上競技実習  
担当教員   櫻田 淳也  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   体育施設    開講学期   秋学期  
曜日・時限   木2   単位区分   選択  
授業形態   実技/実験/実習   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   131E73 
ねらいと目標 陸上競技の「走」「跳」「投」の基本を、各種目を通じて学ぶ。またその指導法についても考えていく。 
内容 短距離走、ハードル走、リレー、走り幅跳び、走り高跳び、砲丸投を中心に行っていく。 
テキスト 「これで完ぺき!陸上競技」 繁田進 著 ベースボールマガジン社 
参考文献  
成績評価方法 授業内容の特性上、授業態度点が重視される。試合等による欠席の場合は書類を提出すること。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス(授業内容、評価方法、履修上の注意)
2短距離走①
①脚の使い方、上体の構えを身につける                    
②加速の仕方を覚える     
③スターティングブロックの使い方を覚える 
【目標】速く走るための基本フォームを習得する
3短距離走②
①ピストルのならし方・計時の仕方を覚える
②100m走を経験する
【目標】クラウチングスタートについて理解する
4ハードル走①
①ハードル走について理解する
②歩行ハードル・スキップハードルを通して基本動作を身につける
③適切な高さ・インターバルでハードルを跳んでみる
【目標】ハードルの基本動作を身につける
5ハードル走②
①前回の復習をする
②連続1歩跳び等を用いて、ハードルを跳ぶことになれる
③前回より競技会に近い設定で行ってみる
【目標】ハードルに慣れる
6ハードル走③
①スターティングブロックを用いて、スタート練習をする
②50mハードル走を行う
【目標】正確なハードリングで最後まで走り通す。
7リレー①
①その場バトンパスからジョギングでのバトンパスを身につける
②バトンを受ける走者の走り出し方を身につける
③直走路でのバトンパスを試行する   
【目標】バトンパスの基礎技能の学習のしかたと技能を身につける
8リレー②
①曲走路でのバトンパスを身につける
②第1走者から第4走者まで全体を通してリレーを行う。  
【目標】チームとしてリレー競走を理解する
9走幅跳①
①走り幅跳びの特性を知る                   
②基本的な動きを身につける   
【目標】走り幅跳びの基本的な動きを理解する
10走幅跳②
①助走の仕方を身につける
②助走から踏み切りへの移行を練習する
【目標】助走から踏み切りの流れを身につける
11走幅跳③ 
①走り幅跳びのルールを学ぶ
②実際のルールに従って記録を測定する
【目標】記録を測定する中でルールを学ぶ
12走高跳①
①はさみ跳びの基本動作を身につける
②安全な着地の仕方を身につける
③助走から踏み切れるような技術練習をする
【目標】はさみ跳びの技術が背面跳びにつながることを理解する
13走高跳②
①背面跳を理解する
②台上ジャンプなどをもちいて背面跳の基本動作を身につける
③背面跳を試行してみる
【目標】背面跳の基本動作を身につける
14走高跳③
①助走の仕方を学習する
②ルールに従って記録を測定する
【目標】記録に挑戦する
15砲丸投
①砲丸投の基本動作を理解する。
②正しいフォームを覚える
③グライドを用いた投擲を行う。
【目標】砲丸投について理解する。
授業時間外における学習方法 授業前に、授業で行う種目について「種目特性」「動き」を中心に予習を行う。授業終了後は、課題の動きが出来たか、出来なかった場合は何が原因であったかを考え、復習する。 
授業のキーワード アクティブ・ラーニング、動き、コツ 
受講補足(履修制限等) 陸上競技の出来る服装で履修して下さい。特にシューズは陸上競技用のアップシューズを用意して下さい(スパイクは無くて大丈夫です)。 
学生へのメッセージ 運動の基本である、走、跳、投、を意識して、各種目に取り組んでいきます。 
実務経験のある教員による科目 日本陸上競技連盟各種講習会講師 陸上競技部指導 公開講座等々 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面授業で行いますが、状況により遠隔授業が行われる場合があります。オンデマンド授業が行われる場合はwebclassを活用の予定です。 
その他 新型コロナウイルスの感染状況により、授業の内容を変更することがあります。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.