タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯スポーツ(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60793600 
科目名   スポーツ救急法  
担当教員   塩多 雅矢  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   C202    開講学期   春学期  
曜日・時限   金3   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   132E71 
ねらいと目標 スポーツ活動中に起こり得る外傷や障害の理解と、予防や救急対処法についての知識を得ること。 
内容 スポーツ活動に起こる可能性があるケガや事故についての基礎知識を学習します。その知識を活用したグループワークや個人ワークを通じて、対処法や予防策を考察し、知識と実践を結びつけます。  
テキスト 特になし。随時資料を配布する  
参考文献 輿水健治著「基礎から学ぶ!スポーツ救急医学」ベースボール・マガジン社 1600円+税  
成績評価方法 授業内課題を通じて評価する  
授業スケジュール(展開計画)
内容
1スポーツ中に起こり得る事故
2救急法の意義
3熱中症のメカニズムと対象方法
4熱中症の予防について考える
5心肺蘇生法の対象となる状態
6心肺蘇生法とAED
7脳震盪の基礎知識
8脳震盪が起こったら
9スポーツで起こるケガ
10急性外傷に対するRICE処置
11スポーツで起こる慢性障害
12ケガを防ぐための運動後のケア
13止血法と傷の対処・固定法
14内科系の問題
15事故を防ぐための環境への配慮
授業時間外における学習方法 小さな事故や、一歩間違えれば事故になっていたような要素を見落とさないようにアンテナを張ることが事故予防になります。そのような目線を日々鍛えることが授業外での実践となります。  
授業のキーワード スポーツ事故・救急対処・事故の予防/自己学習  
受講補足(履修制限等) 特になし。 
学生へのメッセージ 体育科に限らず。運動に関わる可能性がある学生はもちろん、日常にも必要な知識なで、幅広い人に知ってもらいたい。 
実務経験のある教員による科目 スポーツ現場での指導は17年目。パフォーマンスアップのためのトレーニング指導や、ケガ人へのリハビリなどが主な仕事。ケガや事故に関連する資格は、国際救命救急協会インラストラクターと理学療法士。 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.