タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯スポーツ(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60793000 
科目名   スポーツトレーニング論  
担当教員   森山 進一郎  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   水1   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   132E71 
ねらいと目標 スポーツにおける全般(心・技・体)のトレーニング方法について理解する。 
内容 スポーツにおける競技力向上のためのトレーニング法について学習する。身体のエネルギー供給系の仕組み、心技体の各種トレーニング法、各競技種目の特性にあったトレーニングの取り組みについて学習する。 
テキスト なし 
参考文献 宮下充正、トレーニングは酸素不足との戦いである(編集工房ソシエタス)1,000円+税
八田秀雄(編著)乳酸をどう活かすかⅡ(杏林書院)2,500円+税
G.Gregory Haff, N. Travis Triplett編、篠田邦彦総監修、ストレングストレーニング&コンディショニング第4版(ブックハウスHD)12,000円+税 
成績評価方法 授業内課題    60%
期末レポート  40%
・授業内課題は、授業で課すレポート、プレゼン、小テストなどを評価する。
・期末レポートは、授業を通して得た知識と応用力を評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1本授業の進め方,規則、到達目標および評価の理解:シラバスを中心に授業全体の流れを把握し、スポーツトレーニングを学ぶ意義を明確にする。
2トレーニングの原則
3身体の構造としくみ
4身体のエネルギー供給系
5血中乳酸とインターバルトレーニング
6筋肉の働きとレジスタンストレーニング
7プライオメトリックトレーニング
8トレーニングのプログラムデザイン
9トレーニングのアセスメント
10ピリオダイゼーション:自身の取り組んできた種目を中心に、年間、月間、週間など、目的などに応じて期間を細分化し、トレーニング計画をまとめる。
11スポーツ指導者の役割・コーチング①対話技法、フィードバック
12スポーツ指導者の役割・コーチング②コーチに求められる資質
13個人系運動種目の体力特性・特徴的なトレーニングとコンディショニング
14集団系運動種目の体力特性・特徴的なトレーニングとコンディショニング
15授業のまとめと期末レポートの作成:これまでの授業内容を整理する。
授業時間外における学習方法 授業前:授業内容の理解を深めるために、講義内容に関する情報を得てまとめること   (所要時間は2時間)
授業後:授業で提示した課題について、当該回の内容を発展させて内容をまとめること (所要時間は2時間)
適宜:日々のトレーニング活動における練習ノートを作成すること。 
授業のキーワード アクティブラーニング、ICT、競技力向上、コーチング、技術、ピリオダイゼーション 
受講補足(履修制限等) E類生涯スポーツコース、A類およびB類保健体育の学生は、開講年次の履修者を最優先する。他専攻の学生は初回授業時に相談に来ること。 
学生へのメッセージ 講義内で扱う内容を自身や自身のサポート対象の競技力向上に役立てると同時に、指導者となった際の資料となるようにノートをまとめてほしい。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 原則的に遠隔オンデマンド形式とする 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.