タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯スポーツ(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60792700 
科目名   スポーツ指導論B  
担当教員   高橋 宏文  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   N206    開講学期   秋学期  
曜日・時限   火4   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   132E71 
ねらいと目標 はじめに、運動指導の基礎知識、考え方等を学習する。また、運動能力の発達に着目し、指導との関連性を学んでいく。そして、様々な練習法に関する知識を学習し、運動指導の基礎を総合的に理解、習得することを目指す。 
内容 (1)技術指導の基礎
(2)運動の特徴の捉え方
(3)運動能力(運動する力)の発達
(4)運動技術の発達
(5)イメージの利用と効果
(6)データの活用法
(7)各種練習方法について
(8)パフォーマンスの向上とその発揮方法



 
テキスト 適宜資料を配布する 
参考文献 授業の中で紹介する 
成績評価方法 最終レポート 50%
授業内レポート40%
出席状況   10% 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス
2スポーツ(運動)技術の指導(コーチング)
3運動の言語化
4運動における動きのコツの指導と運動感覚意識
5フィジカルリテラシー
6スキルアップと脳の働き
7Deep Prctice
8Deliberate practice
9運動(スポーツ)の練習方法の基礎
10運動(スポーツ)の応用的な練習方法
11ICTの活用
12指導におけるデータ(情報)の活用
13パフォーマンスを引き出す
14実践上の(ゲーム)パフォーマンスの向上の要因
15指導計画の立案とコンディショニング
授業時間外における学習方法 授業スケジュール欄に記載されているキーワードについて調べ、学習すること 
授業のキーワード アクティブラーニング
運動の分析
技術の向上のポイント
練習方法
指導プログラムの作成 
受講補足(履修制限等) 基本的には対象となる学年あるいは上位学年(他専攻の学生はこの限りではない) 
学生へのメッセージ 運動指導について多角的に考えましょう。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式を基本とする 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.