タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯スポーツ(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60792600 
科目名   スポーツ指導論A  
担当教員   瀧井 敏郎  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   S401    開講学期   秋学期  
曜日・時限   水3   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   133E71 
ねらいと目標 1.スポーツコーチの仕事について理解を深め、コーチの哲学や責任について理解する。
2.長期的視野に立った選手育成の重要性および心身の発育発達にそった一貫指導について理解する。
3.選手の育成と環境整備について理解する。
4.生涯スポーツの現状と課題について理解する。
5.競技力向上とITについて理解する。
 
内容 本授業のねらいと目標が達成できるよう授業スケジュールに従って授業を展開する.
なお、個人(3課題:最終課題を含む)の提出、グループ(4課題)の発表を課題とする。
 
テキスト 新学修指導要領(平成29年3月公示 文部科学省)
中学校学修指導要領解説 保健体育編(平成29年7月文部科学省)
高等学校学修指導要領解説 保健体育編(平成29年7月文部科学省)
・(財)日本体育協会編集、公認スポーツ指導者養成テキスト 共通科目Ⅰ~Ⅲ、2005.
・Ralph J.Sabock(大神ら訳)、THE COACH,日本文化出版、1988.
 
参考文献 ・公認スポーツ指導者養成テキスト 共通科目Ⅲ (財)日本体育協会編集 ・スポーツ立国戦略(文部科学省HP) ・ 指導者養成講習会マニュアル (財)日本サッカー協会 ・コーチング・マニュアル スポーツコーチの指導 大修館書店 ・クリエイティブ サッカーコーチング 大修館書店  
成績評価方法 グループ発表(40%)、個人課題(20%)、最終課題(40% )により評価する。  
授業スケジュール(展開計画) 授業計画
1. ①授業計画 ②課題 ③評価 ④グループ学習のための編成
  ⑤プロローグ:「大学スポーツを考える」
2.スポーツにおける一貫指導
1) 長期的視野に立った指導の重要性
2) 子どもたちの心身の発育・発達にそった一貫指導
     プレ・ゴールデンエッジ~インディペンデントエイジの指導
3.コーチの仕事 Ⅰ (教師&コーチ、プロフェッショナルコーチ)
  ①コーチをとりまく環境  ②コーチの仕事
4.コーチの仕事 Ⅱ
 「The Coach」(Ralph J.Sabock、1988) にみるスポーツコーチ学
5.指導者の資質を考える(視聴覚教材)
6.選手育成の環境Ⅰ(海外① オランダ)
   アヤックスFCにおける選手育成の理念と環境整備
7.選手育成の環境Ⅱ(海外②)イングランド
The FAにおけるアカデミーの設置基準
8.Jクラブにおける選手の育成の現状と課題
9.文部科学省「スポーツ立国」の紹介とレポート 
   の課題の説明
10.各スポーツ種目における選手の育成(グループ発表)Ⅰ
11.10.各スポーツ種目における選手の育成(グループ発表)Ⅱ
12.総合型スポーツクラブ
  Jクラブの参加による我が国初の産・学・公連携による「学芸大クラブ」
13.競技スポーツとIT (グループ発表)
14. 我が国における部活動の現状と課題(グループ発表)
15.総括と最終課題
 
授業時間外における学習方法 課題(個人、グループ)のための資料収集 
授業のキーワード コーチの哲学、コートの仕事、コーチの資質、心身の発育発達、選手の育成、国際的な基準  
受講補足(履修制限等) 本講義は、クラブ活動において指導的立場を意識したり、教育実習を経験する3年生になってからの受講が望ましい。 
学生へのメッセージ 自己のスポーツ種目やその環境にとどまらず、他の種目、さらに我が国および世界のスポーツ環境について視野を広げてほしい。 
実務経験のある教員による科目 この授業を担当する教員は、日本サッカー協会およびJリーグ技術委員会委員、ユニバーシアード大会サッカー競技3連覇に日本代表監督(2001),代表強化責任者(2003,2005)など国際的な経験を有する。また、日本サッカー協会指導者養成インストラクターをはじめ各県サッカー協会の技術講習会講師などをつとめ、本学においてはサッカー部の監督、学芸大クラブのサッカー教室スクールマスターを長期にわたりつとめた。さらに、ワールドカップ、ヨーロッパ選手権などの主要な国際大会、海外のサッカークラブ、スポーツ施設の視察を行った。Jリーグ経営諮問委員会委員としての活動を通じクラブ経営、地域におけるクラブの在り方などについて多くの示唆を得た。本授業は担当教員の実務経験に基づいて、到達目標に示した知識や技能の習得を目指して実施される。 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面授業、ただし、新型コロナ感染状況によってはオンデマンド授業を実施することもあり得る。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.