タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯スポーツ(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60791800 
科目名   解剖生理学  
担当教員   新海 宏成  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   水3   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   131E71 
ねらいと目標 運動やスポーツを観察・分析する上で、人体の構造と機能への理解は不可欠な要素である。本授業では、ヒトの身体を構成する様々な器官系の構造(仕組み)とその機能(働き)に関する基礎的知識(解剖学的・生理学的特徴)について、実際の運動と関連させながら理解する。 
内容 本授業では、運動・スポーツと特に直接的関係の強い筋・骨格系を中心に授業を展開する。理論的な説明の他、映像の視聴や簡単な演習を取り入れながら、身体の構造(仕組み)と機能(働き)の両側面への理解を深める。 
テキスト 授業毎に適宜配布する。 
参考文献 「目でみる動きの解剖学 スポーツにおける運動と身体のメカニズム」(1999年)大修館書店
「身体運動の機能解剖学」(2002年)医道の日本社
「得意になる解剖生理」(2010年)照林社
その他、必要に応じて関連する資料を紹介する。 
成績評価方法 テスト(筋・骨・関節の構造と機能を対象):60%
レポート(授業全範囲を対象):40% 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1受講ガイダンス
筋の付着
2骨・筋・関節の構造と機能
3筋の性質と収縮特性、筋腱複合体の機能
4関節運動(全身)
5上肢の構造と機能1(肘・手関節の構造と周辺筋群)
6上肢の構造と機能2(肩関節の構造と周辺筋群)
7下肢の構造と機能1(足関節の構造と周辺筋群)
8下肢の構造と機能2(膝関節の構造と周辺筋群)
9下肢の構造と機能3(股関節の構造と周辺筋群)
10体幹と頭頸部の構造と機能
11全身の機能解剖に関するまとめ
テスト
12神経系
13呼吸循環器系
14感覚器系
15授業のまとめ
授業時間外における学習方法 授業前:授業内容の理解を深めるために、講義内容に関する情報を得てまとめる(所要時間:1時間)。
授業後:授業内での解説について復習し、その内容を自身の日常動作やスポーツ動作と関連させながら内容をまとめる(所要時間:3時間)。 
授業のキーワード 器官、筋、骨、関節、機能解剖、ICT活用 
受講補足(履修制限等) 履修は、教育支援課程教育支援専攻生涯スポーツコースの学生のみに限定します。 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔形式(オンデマンド型) 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.