タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯スポーツ(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60791400 
科目名   スポーツ史  
担当教員   藤坂 由美子  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   C202    開講学期   春学期  
曜日・時限   木4   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   132E71 
ねらいと目標 人類の文化であるスポーツの歴史について、時代や地域の特徴を捉えながら通史的に理解する。 
内容 スポーツが社会の中でどのように機能してきたのかを歴史的な事象から捉える。また、近代スポーツの誕生以降、スポーツが内包してきた様々な課題について理解し、これからのスポーツの在り方について考える。テキストとパワーポイント資料による講義形式の授業に加え、自宅での予習・復習とレポート課題作成などにより、授業から得られた知識をもとに、より深く考える学習を行う。 
テキスト 木村吉次編著『体育・スポーツ史概論』(改訂三版)、市村出版、2015年、定価2,600円+税 
参考文献 新井博編著『新版 スポーツの歴史と文化』道和書院、2019年、定価2,300円+税
その他の参考文献は授業中に随時紹介する。 
成績評価方法 平常点(授業への取組状況)30%
レポート課題 40%
最終テスト(授業最終回に重要事項の確認テストを行う)30% 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1授業の進め方、到達目標、評価について:15回の授業の進め方や評価方法について理解する。
スポーツの起源:スポーツの歴史への関心を深める。
2古代社会のスポーツ①:古代オリンピックについて理解する。
3古代社会のスポーツ②:古代中国および古代日本のスポーツについて理解する。
4中世のスポーツ:騎士道とスポーツ、庶民のスポーツについて理解する。
5日本の中世・近世のスポーツ:武士の教育と身体修練、庶民のスポーツについて理解する。
6近代体育の成立と展開:西洋の近代教育思想と体育・スポーツについて理解する。
7近代スポーツの誕生と普及:パブリック・スクールのスポーツ、近代スポーツとは何かについて理解する。
8日本の近代学校教育の確立と体育・スポーツ:学校における体育・スポーツの始まりについて理解する。
9日本の近代スポーツの誕生:欧米スポーツの日本への移入過程、学校におけるスポーツ活動の展開について理解する。
10女性の体育・スポーツ:近代における女子体育の普及過程と女性のスポーツ参加について理解する。
11戦時体制下の体育・スポーツ:軍国主義を背景とした体育・スポーツ活動の展開過程について理解する。
12戦後日本のスポーツ:戦後の復興期におけるスポーツ行政の進展と「東京オリンピック」について理解する。
13生涯スポーツ概念の形成:世界における「みんなのスポーツ」運動の展開と生涯スポーツの概念について理解する。
14グローバリゼーションとスポーツ:グローバル化を背景としたスポーツの展開、オリンピックと世界情勢との関わりについて理解する。
15講義のまとめ・最終テスト:重要語句や概念の整理と確認。授業評価。
授業時間外における学習方法 授業前:テキストの内容についての予習を行う。(所要時間120分)
授業後:講義内容およびテキストの復習を行う。(所要時間120分) 
授業のキーワード 古代オリンピック、近代スポーツ、近代オリンピック 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 対面授業ではWebClassも併用します。毎時間、タブレット(ノートPCも可)またはスマートフォンを持参してください。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 教室での対面授業を基本とします。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.