タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯スポーツ(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60791300 
科目名   スポーツ哲学  
担当教員   広瀬 健一  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   月3   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   132E71 
ねらいと目標 「スポーツとは何か」という問いを立て、スポーツについての知識を深め、スポーツの価値や、社会における可能性について、自らの言葉で語れるようになることをねらいとし、それにむけてスポーツの今日的問題を批判的に問い直すことを目標とします。 
内容 スポーツの概念を明らかにするとともに、現代社会におけるスポーツについての諸問題について哲学的視点から理解の深化を図ります。具体的には、ドーピング、ナショナリズム、勝利至上主義、メディア、ジェンダー、オリンピック等について問い直し、それについての認識を深めます。 
テキスト 必要に応じて、適宜紹介します。  
参考文献 「はじめて学ぶ体育・スポーツ哲学」高橋徹編、株式会社みらい 
成績評価方法 評価の割合は、出席および授業への参加態度(小レポートを含む)40%、定期試験60%とします。  
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション:講義の進め方等を説明「スポーツ哲学とは」
2スポーツとは何か
3体育とスポーツの概念の違い
4スポーツにおける身体教育
5スポーツにおける競争・プレイ(遊び)
6スポーツにおけるフェアプレイ・スポーツマンシップ
7スポーツにおける指導者・コーチ
8スポーツにおける暴力
9現代スポーツにおける今日的課題
10オリンピズムとオリンピックムーブメント
11古代オリンピックと近代オリンピック
12オリンピックにおける教育的価値
13スポーツにおける勝利至上主義・ドーピング
14スポーツにおけるジェンダー
15まとめ
授業時間外における学習方法 ニュースや新聞等で取り上げられている体育・スポーツの問題および課題について、いつも以上に注意を払うよう心掛けてください。  
授業のキーワード 体育 スポーツ 身体 倫理 規範 オリンピック 哲学的思考 
受講補足(履修制限等) 講義内容は、その進度によって適時変更することがあります。 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式)  
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.