タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-表現教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60783600 
科目名   日本戯曲分析演習  
担当教員   近藤 弘幸  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   N106    開講学期   秋学期  
曜日・時限   月5   単位区分   選択  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻表現教育コース選択科目A 
備考  奇数年度のみ開講 
ナンバリング   133E62 
ねらいと目標 戯曲を声に出して読んでみることで、コミュニケーションについて実践的に考察すること 
内容 三島由紀夫の『近代能楽集』から数編を実際に声に出して読み、三島の文体の特徴や、言語とコミュニケーションについて、体験的に考察します。 
テキスト 三島由紀夫『近代能楽集』(新潮文庫) 
参考文献 適宜紹介する 
成績評価方法 平常点50%、学期末レポート50%。学期末レポートは、①授業内活動報告②授業で取り上げた作品についての論文(4000字程度)の二本をともに提出すること。 
授業スケジュール(展開計画) 毎回、ワークショップ形式で作品を声に出して読んでもらいます。
内容
1イントロダクション
2「邯鄲」「綾の鼓」「卒塔婆小町」「葵上」プレゼンテーション
3「班女」「道成寺」「熊野」「弱法師」プレゼンテーション
4授業で取り上げる戯曲の選定
5ワークショップ①
6ワークショップ②
7ワークショップ③
8ワークショップ④
9ワークショップ⑤
10ワークショップ⑥
11ワークショップ⑦
12発表会準備①
13発表会準備②
14発表会①
15発表会②
授業時間外における学習方法 学期末に授業内活動報告レポート(授業の内容と、そこで得られた考察を、授業ごとにまとめたもの)を提出してもらうので、毎週、それをきちんと作成して準備しておいてください。 
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等) 「演劇と社会」を履修済みの者しか履修出来ません。欠席が4回以上で、原則として失格とします。 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面を想定しています。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.