タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-表現教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60782300 
科目名   芸術表現実践論B  
担当教員   宇井 晴雄  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   芸ホール    開講学期   春学期  
曜日・時限   集中   単位区分   選択  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻表現教育コース選択科目A 
備考  奇数年度のみ開講 
ナンバリング   132E62 
ねらいと目標 ・演劇についての集中授業とし、参加者は共に、場面・作品づくりの過程を実践する。

 戯曲の読み取り方や、具体的なとり組み方を体験しながら[「演技する」ということを発見していきます。

・「演技」をしてみること、自力でシーンづくりができるようになることと、演技について語る視点を持つこと、を目標とします。 
内容 「演技すること」を実践的に学び、戯曲の抜粋からシーンづくりをして、発表まで行います。

・演技のための身体
・演技の基礎的な準備
・戯曲、テキストの読み方
・シーンづくり
・シーン発表

これらに取り組み、授業終了後は、実践を通して考えたことや、演技についてのレポートを提出。  
テキスト 台本など、必要な際に配布します。 
参考文献 必要に応じて紹介します。 
成績評価方法 ・平常点評価(授業への参加、授業内でのレポート) 50%
・発表内容 30%
・授業後の最終レポート 20% 
授業スケジュール(展開計画)
内容
11日目オリエンテーション、様々な演技、演技のための身体について
21日目オリエンテーション、様々な演技、演技のための身体について
31日目オリエンテーション、様々な演技、演技のための身体について
42日目演技のための準備、必要なことについて
52日目演技のための準備、必要なことについて
62日目演技のための準備、必要なことについて
73日目シーンづくり、戯曲、テキストの読み方、台詞について
83日目シーンづくり、戯曲、テキストの読み方、台詞について
93日目シーンづくり、戯曲、テキストの読み方、台詞について
104日目シーンづくり
114日目シーンづくり
124日目シーンづくり
135日目シーン発表/鑑賞
145日目シーン発表/鑑賞
155日目シーン発表/鑑賞
授業時間外における学習方法 演技に着目して、実際の舞台や映像作品をみる。 
授業のキーワード グループ学習 ディスカッション 演劇 演技 コミュニケーション 伝える きく 関係性 表現 
受講補足(履修制限等) 演技経験の有無は問いません。集中授業、かつグループワークになるので、遅刻、早退はやむを得ない場合を除き認められません。

履修者が多い(25名ほど)場合は、対象学年を優先します。  
学生へのメッセージ 動きやすい服装で参加してください。 
実務経験のある教員による科目 ○ 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式 
その他 舞台美術、衣装などを別途用意する必要はありません。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.