タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-表現教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60781500 
科目名   舞台表現実践演習B  
担当教員   嶋崎 裕美  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   C103    開講学期   秋学期  
曜日・時限   月3   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻表現教育コース選択科目A 
備考  奇数年度のみ開講 
ナンバリング   133E62 
ねらいと目標 個人またはグループで表現を考え、作品制作を試みる。 
内容 示された課題から発想を広げ、手順を追いながら個人で表現を考える。
その後、グループワークに移り、コミュニケーションを図りながら、それぞれが得意とする能力や知識、スキルを発揮し、役割分担した内容について責任をもって協働しながら作品を作る。                                      
テキスト 特に定めない。 
参考文献 必要に応じて紹介する。 
成績評価方法 平常点50%(制作過程における各人の貢献度や内容を考慮する)  最終発表30%  学生相互評価20%   
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション
2示された課題について各々がイメージを広げる
3広げたイメージを文章化する
4文章から表現(詩、物語、絵本など)をつくる  
5発表および検討①
6発表および検討②
7発表および検討③
8グループワーク準備 グループ分け 
9グループでの作品制作  テーマについての研究(文章化)
10グループでの作品制作  表現法についての討論
11グループでの作品制作  実際の進行について
12グループでの作品制作  発表に向けて
13作品発表およびディスカッション1⃣
14作品発表およびディスカッション2⃣  
15まとめ
授業時間外における学習方法 ・本を読んだり、美術館、劇場などに足を運び、作品(表現)を鑑賞してください。
・図書館やインターネット等で様々な作品や表現について調べ、考察し、それを自分の表現にどのように生かすことができるかを考えましょう。
・表現について自分自身で考え、作業を行ないますので、授業外で研究する時間を要します。 
授業のキーワード 音楽 演劇 映像 文学 造形 ダンス 表現 アクティブラーニング チームアプローチ 発表会 ディスカッション 
受講補足(履修制限等) ・グループワークがありますので、4回以上欠席した場合は失格となります。
・本コース以外の学生も履修可能です。 
学生へのメッセージ 自分の考えを表に出し、表現しましょう。
グループワークを楽しみながら、作品を作り上げましょう! 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面授業と遠隔授業を織り交ぜた一部対面形式で授業を実施します。
初回のオリエンテーションから個人での作品発表までは対面授業とし、それ以降のグループワークは、コロナウィルス感染予防の観点から遠隔授業を主とします。
遠隔授業は、Microsoft Teamsを使用し、オンタイムで授業を行う予定です。
コロナウィルスの感染状況等により、実施内容を変更する可能性があります。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.