タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-表現教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60781300 
科目名   演劇教育実践演習B  
担当教員   園部 友里恵  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   芸展示2   開講学期   春学期  
曜日・時限   集中   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻表現教育コース選択科目A 
備考  奇数年度のみ開講 
ナンバリング   133E62 
ねらいと目標 この授業では、「学校」や「子供」に限定せず、幅広い視点から教育・学習といういとなみを捉え、そこに演劇はどのように関わっていけるのかを考えていきます。 今年度は、「高齢者とインプロ」をテーマに据え、高齢者を対象とした演劇ワークショップのデザイン・実践・省察を通して、参加者に応じた演劇ワークショップのデザイン・ファシリテーションの力を養うことを目標とします。  
内容 原則、【オンライン(zoom使用)】で行います。

・「老い」に関する文献や、高齢者を対象とした教育・学習活動および演劇実践に関する文献を精読します。
・様々な条件・制約のもとでインプロのゲームやシアターゲームをファシリテーションする体験を行います。
・高齢者を対象とした演劇ワークショップ(以下、WS)をデザインし、オンラインで模擬実践します。
・千葉県柏市の高齢者インプロ劇団「くるる即興劇団」を対象にフィールド実習(オンライン)を行います。 
テキスト 鷲田清一(2015)『老いの空白』岩波現代文庫(1,020円+税)
園部友里恵(2021)『インプロがひらく〈老い〉の創造性:くるる即興劇団の実践』新曜社(1,800円+税)
(入手方法等4/14ガイダンス時にお伝えしますので、4/14までに購入する必要はありません) 
参考文献 授業中に適宜示します。  
成績評価方法 ・授業への参加およびコメントシートの提出(50%) (欠席・遅刻・早退は減点対象となります)
・授業内課題の提出(レジュメ作成、発表、コメンテーター、ファシリテーション練習等)(25%)
・フィールド実習課題の実施および振り返りレポートの提出(25%)  
授業スケジュール(展開計画) 授業スケジュールは受講者数等により変更する場合もあります。
内容
14/14(水)12:00~ ガイダンス【zoomミーティングID: 82721160711 パスコード: sonobe】
24/21(水)3限 ファシリテーション体験(1)
34/21(水)4限 文献精読とディスカッション(1) 「老い」とは
44/28(水)3限 ファシリテーション体験(2)
54/28(水)4限 文献精読とディスカッション(2) 「老い」と演劇・インプロ
65/19(水)3限 ファシリテーション体験(3)
75/19(水)4限 WSデザイン(1)企画プレゼンテーション
86/2(水)3限 WSデザイン(2)企画の練り上げ①
96/2(水)4限 WSデザイン(3)企画の練り上げ②
106/16(水)3限 WS模擬実践と改善(1)
116/16(水)4限 WS模擬実践と改善(2)
126/30(水)3限 フィールド実習(オンライン実施)(1)
136/30(水)4限 フィールド実習(オンライン実施)(2)
147/7(水)3限 フィールド実習の振り返り
157/7(水)4限 授業全体のまとめと振り返り
授業時間外における学習方法 ・文献精読のための事前課題(レジュメ作成等)や、WSのデザイン・実施に関する課題があります。
・新型コロナウイルスの状況が許せば、現地でのフィールド実習を行う可能性もあります。 
授業のキーワード 演劇教育、生涯学習、高齢者学習、ワークショップ、パフォーマンス、フィールドワーク、インプロ、パフォーマティブ・ラーニング、アクティブ・ラーニング、チームアプローチ、グループ学習、発表会、ディスカッション 
受講補足(履修制限等) 【重要】4/14(水)12:00~オンライン(zoom)で「ガイダンス」を実施します。履修を考えている方は必ず出席してください。原則、この「ガイダンス」未出席者は履修を認めません。やむを得ない事情でどうしても出席できない場合は、必ず事前に園部(yuriesonobe112@gmail.com)までメールで連絡してください。

※4/14(水)ガイダンスで使用するzoom → ミーティングID: 82721160711 パスコード: sonobe 
学生へのメッセージ この授業では、グループ学習やディスカッションなど、学生間の協働的な学習活動を重視しています。このことことの趣旨を理解し、活動への参加を厭わない学生の受講を期待します。  
実務経験のある教員による科目 高齢者インプロ(即興演劇)実践者(高齢者インプロパフォーマンス集団「くるる即興劇団」主宰) 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 原則、【オンライン(zoom使用)】で、概ね隔週、水曜日3・4限目に実施します。
授業内でグループワークやディスカッション等を行いますので、受講者の皆さんにもカメラ・マイク「ON」にしてもらい授業を進めていくことになります。なお、具体的な進め方については初回授業ガイダンス(4/14、zoomにて。IDとパスコードは上記参照)でお伝えします。 
その他 ポータルやメールで連絡することがありますので、必ず確認するようにしてください。
事前に質問等ある場合は、園部(yuriesonobe112@gmail.com)までお願いします。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.