タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-情報教育(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60774400 
科目名   対話メディア工学演習A  
担当教員   加藤 直樹  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   火2   単位区分   選択  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程情報教育選修選択科目B、教育支援課程 教育支援専攻情報教育コース選択科目A 
備考   
ナンバリング   133E52 
ねらいと目標 卒業研究に向けて,研究の基本的な進め方を習得する. 
内容 情報教育選修4年生による卒業研究報告を題材にしたディスカッション,対話メディア工学分野の調査研究と研究アイデアの発想,及びその発表を通して,研究手法と基礎知識の習得の促進を図ります. 
テキスト 特に指定しません. 
参考文献 授業中に紹介します. 
成績評価方法 授業内で出す課題(発表を含む)および授業の取り組み態度(ディスカッション)で評価します.
なお,出席が基準(授業全体の3分の2)に満たない場合,および,指定された課題の発表を行わなかった場合は失格となります. 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション
2卒業研究報告聴講・ディスカッション1
3卒業研究報告聴講・ディスカッション2
4卒業研究報告聴講・ディスカッション3
5調査研究発表・ディスカッション1
6調査研究発表・ディスカッション2
7調査研究発表・ディスカッション3
8調査研究発表・ディスカッション4
9卒業研究報告聴講・ディスカッション4
10卒業研究報告聴講・ディスカッション5
11卒業研究報告聴講・ディスカッション6
12研究発表・ディスカッション1
13研究発表・ディスカッション2
14研究発表・ディスカッション3
15研究発表・ディスカッション4
授業時間外における学習方法 少なくとも2回の発表(調査研究発表と研究発表)を行います.この発表に向けて十分な研究(学習)時間をとってください. 
授業のキーワード 情報通信技術,ヒューマンコンピュータインタラクション,ユーザインタフェース,ユーザエクスペリンス,教育の情報化,アクティブ・ラーニング,グループ学習,発表会,ディスカッション, 
受講補足(履修制限等) 卒業研究指導教員の指導を受けて履修してください。
A類情報教育選修の学生は、履修する年度の前年度末に総取得単位数が62単位以上,かつ情報教育選修の「専攻に関する科目(S,SA,SB)」から20単位以上取得している必要があります。
E類情報教育コースの学生は、履修する年度の前年度末に総取得単位数が62単位以上,かつ情報教育専攻の「専攻に関する科目(S,SA,SB)」から30単位以上取得している必要があります。
また,原則,情報教育コース開設の「HCI」を履修済(失格は無効)である必要があります.履修できていない場合は,事前に相談してください. 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔形式:一部が研究室等から参加が可能なハイフレックス形式で実施する予定です 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.