タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-情報教育(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60772700 
科目名   オートマトンと形式言語  
担当教員   宮寺 庸造  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   S203    開講学期   秋学期  
曜日・時限   火5   単位区分   選択  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻情報教育コース選択科目A 
備考   
ナンバリング   131E54 
ねらいと目標 コンピュータの計算の原理を理論的に理解する.
特に,文法の違いによる形式言語の表現能力の違いや,オートマトンとの関係を理解する. 
内容 情報科学(計算機科学),情報工学一般において,もっとも中心的かつ重要な概念である「オートマトン」と「形式言語」について学び,計算機における「計算の原理」を理論的に学ぶ.
詳細な内容については,下記授業スケジュールに記す.
 
テキスト 富田悦次・横森貴 著,「オートマトン・言語理論」,著森北出版  
参考文献 J.ホップクロフト,J.ウルマン著:オートマトン言語理論 計算論 I,サイエンス社
エイホ,ウルマン著,土居範久訳:コンパイラ,培風館
中田育男著:コンパイラ、サイエンス社  
成績評価方法 レポート::20%
定期試験:80%
 
授業スケジュール(展開計画) 1 オートマトンと形式言語
2 順序機械
3 決定性有限オートマトン
4 非決定性有限オートマトン
5 ε-動作を持つ非決定性有限オートマトン
6 正則表現
7 形式文法
8 正則文法
9 ポンピングレンマ
10 文脈自由文法
11 標準形
12 ポンピングレンマ
13 プッシュダウンオートマトン
14 総合演習問題
15 まとめ
 
授業時間外における学習方法 練習問題に取り組むこと. 
授業のキーワード オートマトン,形式言語 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式)  
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.