タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-情報教育(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60772000 
科目名   情報科教育法Ⅱ  
担当教員   藤谷 哲  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   S204    開講学期   春学期  
曜日・時限   木1   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻情報教育コース選択科目A 
備考   
ナンバリング   133E51 
ねらいと目標 高等学校共通教科「情報科」や専門教科「情報」の教員に求められる知識や指導力を実践的に身に付ける. 
内容 情報科教育法Ⅰで学習した内容を踏まえながら,共通教科「情報科」,専門教科「情報」の各単元目標や内容に基づく学習指導案を作成し,模擬授業を行う.また,他者の学習指導案や模擬授業について,建設的な議論を交わしながら,指導法などに関する相互理解を図る. 
テキスト ・文部科学省(2010)高等学校学習指導要領解説 情報編,開隆館出版
・高等学校共通教科「情報」,専門教科「情報」の文部科学省検定済教科書 
参考文献 ・岡本敏雄, 高橋参吉, 西野和典(2015)情報科教育法 第2版、丸善出版
・久野靖・辰己丈夫(監修)(2016)情報科教育法(改訂3版)、オーム社 
成績評価方法 授業参加度(25~35%),模擬授業の相互評価(15~20%),模擬授業(50~55%)を総合的に評価する。
なお,授業の特性上,遅刻や欠席,締め切り日を過ぎた学習指導案などの提出は,大幅な減点となる。  
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション:高等学校 共通教科「情報科」の授業について
2学習指導案の書き方(1):授業の展開・指導法について
3学習指導案の書き方(2):評価法について
教材研究の考え方:授業・実習に必要な準備物・準備作業に関する検討
4模擬授業(1)
5模擬授業(2)
6模擬授業(3)
7模擬授業(4)
8模擬授業(5)
9模擬授業(6)
10模擬授業(7)
11模擬授業(8)
12模擬授業(9)
13模擬授業(10)
14新学習指導要領(2018)の示すこと:「情報デザイン」を題材に
15まとめ
授業時間外における学習方法 WebClassを活用した学習を予定している. 
授業のキーワード 共通教科「情報」,専門教科「情報」,学習指導案,学習指導要領,教師教育 
受講補足(履修制限等) 情報科教育法Ⅰを履修済(失格は不可)のこと. 
学生へのメッセージ 毎時間,各自のPCを持参すること. 
実務経験のある教員による科目 科目担当者は高校情報・数学・商業の教員免許状を所持し、高校商業(情報処理科目)、数学の教職経験を持つ。 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面、遠隔を授業回によって変える。どの回をどの方法にするかは、WebClass・ポータル・Teamsを用いた告知を参照すること。 
その他 ○模擬授業(マイクロティーチング):学生の状況をみながら以下のテーマ(例)を設定して実習・訓練を実施する。

情報Ⅰ
「コンピュータの仕組みや特徴、計算に関する限界等理論を納得させる授業」
「シミュレーションを体験する授業」
「学習活動・意見交換から情報モラルの育成につなげる授業」
「情報通信ネットワークを実感させる授業」
「多様な見方・考え方を比較検討させる授業」
「情報の統合的な処理(収集・整理・分析・表現)と情報機器の活用演習」
情報Ⅱ
「情報技術を活用したコンテンツづくりと発表会」
共通教科「情報」2科目共通
「情報デザインが人や社会に果たしている役割の理解を育む授業」
「アルゴリズムの表現とプログラミングの実際に取り組む授業」 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.