タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-情報教育(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60771300 
科目名   プログラミングⅠ   
担当教員   宮寺 庸造  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   火4   単位区分   必修,選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程情報教育選修選択科目B、教育支援課程 教育支援専攻情報教育コース必修科目 
備考   
ナンバリング   131E51 
ねらいと目標 C言語によるプログラミング技術の基本事項を習得する。特にC言語の文法と簡単なアルゴリズム,ソフトウェア開発の基礎を学ぶ。C言語の文法は,基本的な制御構造(サブルーチンと再帰を含む)までを扱う。プログラムの設計,流れ図,コーディング,デバッキング,テスト,レポート作成といった,ソフトウェア開発の一連の作業を繰り返し経験することにより,プログラミング技術を学ぶ。プログラミングの実習を通し,プログラミング技術の基本事項を習得する。 
内容 (1)計算機に関する必要な知識について(2)プログラミングに必要な考え方(3)C言語の基本事項(4)C言語の文法とアルゴリズム 
テキスト http://www.u-gakugei.ac.jp/~miyadera/LECTURE
を参照のこと. 
参考文献 Oualline「C実践プログラミング」,オーム社
カーニハン&リッチー「プログラミング言語C」,共立出版 
河西朝雄「C言語によるはじめてのアルゴリズム入門」,技術評論社 
成績評価方法 レポート:20%
定期試験:80%
 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス,コンピュータ環境,利用方法の説明,その他
2前知識.....計算機に関する必要な知識について プログラムとは,ハードとソフト,システムの概要 計算機が理解できる言葉(情報の表現)
3プログラミングの準備….プログラミングに必要な考え方など プログラミングのためのステップ プログラムの実行過程,順次処理,虫のはなし
4変数の概念,入出力,デバッキング
5制御構造:if文,case文
6関数,引数の概念
7再帰関数
8再帰的手続き1
9再帰的手続き2
10繰り返し構造1:while文,do_while文,for文
11繰り返し構造2:while文,do_while文,for文
12配列
13文字処理
14文字列
15まとめ
授業時間外における学習方法 関連する演習を行う. 
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔授業 ライブ配信 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.