タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-情報教育(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60770300 
科目名   教育情報化支援教材論  
担当教員   永嶋 さゆり  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   メディア   開講学期   春学期  
曜日・時限   月2   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻情報教育コース必修科目 
備考   
ナンバリング   132E51 
ねらいと目標 学校現場等での活用を想定した画像編集と映像編集、コンピュータを用いた紙媒体作りなどの実習を中心として、マルチメディア教材の教育効果などの知識、基礎的なデザイン知識の体得をめざす。 
内容 ICTを活用した教材づくりの演習 
テキスト 特に定めない。 
参考文献 『クリエイターのための権利の本』 大串肇 他, ボーンデジタル, 2018
その他、必要に応じて授業内で紹介します。 
成績評価方法 企画内容、表現方法、技術面から、課題(紙面・映像 各50%)の評価を行う。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション/紙面づくり1(テーマ設定)
2紙面づくり2(企画/テーマ発表):テーマを決めて企画書を作成する。
3紙面づくり3(レイアウト制作):レイアウトのラフスケッチ、記事執筆、写真撮影、取材などを進めておく。
4紙面づくり4(レイアウト制作):記事執筆、写真撮影、取材などを進めておく。
5紙面づくり5(レイアウト制作最終日):作品が完成できるよう、予め作業を進めておく。
6プレゼンテーション:作品の中間発表。発表準備をしておく。
7映像教材制作1(テーマ設定・事例調査):授業の方は、映像教材制作に入るため、紙面づくりの課題は完成させておく(作品提出予定日)。
8映像教材制作2(企画発表・事例調査・絵コンテ制作):テーマを決めて企画書を作成する。
9映像教材制作3(事例調査発表):映像教材事例について情報共有を行うため、準備をしておく。
10映像教材制作4(絵コンテチェック・素材準備):絵コンテを完成させておく。素材の準備、撮影を進めておく。
11映像教材制作5(編集・素材準備):素材準備や、編集作業を進めておく。
12映像教材制作6(編集):素材準備や、編集作業を進めておく。
13プレゼンテーション1:中間発表。途中経過を上映できるように、作品の一部を完成させておく。また、作品の説明ができるように、発表内容を準備しておく。
14映像教材制作7(編集・仕上げ):作品提出。作品が完成できるよう、予め作業を進めておく。
15プレゼンテーション2:作品発表。
授業時間外における学習方法 進捗状況によって、授業時間外に、課題(作品制作)に必要な、記事執筆、写真撮影、ビデオ撮影などの素材準備作業をしたり、制作を進めたりすることが必要になります。授業スケジュール欄も参照してください。 
授業のキーワード アクティブ・ラーニング,発表会,IT,ICT活用,メディア教育 
受講補足(履修制限等) 他選修・専攻の学生も履修できますが、教室の収容人数に限りがあるため、履修制限を行う場合があります。課題の進捗状況や受講人数により予定を調整することがあります。 
学生へのメッセージ 使用するソフトウェアついては授業内で指示をします。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面で実施します(受講補足で触れたように教室の収容人数に限りがあるため、履修制限を行う場合があります。)
資料や課題の提示には、Microsoft Teamsも使用します。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.