タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-多文化共生教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60765700 
科目名   東洋史概説  
担当教員   田中 比呂志  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   S207    開講学期   秋学期  
曜日・時限   木1   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻地域研究サブコース選択科目A、教育支援課程 教育支援専攻多言語多文化サブコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   132E41 
ねらいと目標 歴史学研究の基礎的な知識や方法論を学ぶとともに、日本を含めた東アジアの長期的な変動の中で、形成され変化してきた東アジア地域の歴史的特徴や文化構造を学び、それらが現代の東アジア世界と、どのような関係があるかを理解する。 
内容 日本を含めた東アジア世界における国際政治、国際関係、経済関係、文化伝播、などの視角から多角的に考察し、その中に日本を位置づける。 
テキスト 史資料のプリントを使う。テキストは無し。 
参考文献 岩波新書『シリーズ中国近現代史』第1巻~第5巻など。他のものは授業時に随時紹介する。 
成績評価方法 数回実施予定の小レポート(20パーセント)、中間レポート(30パーセント)、期末試験(50パーセント)とする。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1導入(歴史を学ぶ意味、東洋とは何か、など)
2東アジアの文化・文明・時代区分など
3前近代中国の国家と社会
4前近代の東アジア国際関係と日本
5前近代東アジアの人の移動と文化1
6前近代東アジアの人の移動と文化2
7東アジア世界の変容と日本の脱中国
8東アジア近代化の契機
9日本人の対中観の変遷
10東アジア国際秩序の変動1
11東アジア国際秩序の変動2
12東アジア近現代史の重層性
13近代的国家形成と産業化
14近代的国家形成と体制選択
15まとめ
授業時間外における学習方法 紹介された文献に目を通し、おおきな歴史の流れを把握して、授業に望んで欲しい。具体的には授業時に指示をします。 
授業のキーワード 近現代東アジア 
受講補足(履修制限等) 特になし。 
学生へのメッセージ 教員免許取得を目指さない方にも広く興味を持ってもらい、受講していただければと思います。高校までの授業で習った知識の中にはかなり古い説のものがまだまだあります(入試の答案を見ているとそう思います)。知識のバージョンアップをしてみませんか。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面で行います。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.