タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-多文化共生教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60763300 
科目名   経済学概説  
担当教員   羅 歓鎮  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   N410    開講学期   秋学期  
曜日・時限   金2   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻多文化共生教育コース選択科目A 
備考   
ナンバリング   131E41 
ねらいと目標 経済学とは何か。現実問題を分析する際に、経済学がどのように応用され、どこまで役立つのか。授業は、経済学の基礎原理を、ミクロ経済学、マクロ経済学に分けて、わかりやすく解説します。経済学的思考様式をきちんと理解し、身につけてもらいたい。また、学んだ経済学的思考を用いて、日本経済をはじめとする社会諸現象を要領よく分析できることを目的とします。
2020年度授業の課題は、「情報隠蔽の経済学的分析」と「日本経済に及ぼす新型コロナ禍の影響分析」でした。 
内容 経済学の歴史を簡潔的に説明した上、ミクロ経済学(需要と供給、消費者行動、生産者行動、市場メカニズム、市場の失敗、不確実性、ゲーム理論の基礎)、そしてマクロ経済学(GDP、有効需要、乗数、貨幣、マクロ経済政策、経済成長、国際経済学基礎)を勉強します。 
テキスト 伊藤元重『入門経済学』(第4版)日本評論社2018年。3000円+税 
参考文献 グレゴリー・マンキュー『マンキュー入門経済学』(第2版)東洋経済新報社2015
神取道広『ミクロ経済学の力』日本評論社2015
齊藤誠・他『マクロ経済学』有斐閣2013 
成績評価方法 授業出席、宿題及び学期末テストによる総合評価。2020年度は、出席、宿題提出および課題レポートで評価しました。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション
2需要と供給
3需要曲線と消費者行動
4費用の構造と供給行動
5市場取引と資源配分
6独占と競争の理論
7市場の失敗
8不確実性と不完全情報の世界
9ゲーム理論入門
10有効需要と乗数メカニズム
11貨幣の機能
12マクロ経済政策
13経済成長と経済発展
14国際経済学入門
15テストと評価
授業時間外における学習方法 授業のスピードが速いので、教科書をきちんと読んで理解した上、宿題をちゃんとしていただきたい。宿題をしなければ、経済学原理が十分に理解できない場合が多いのです。 
授業のキーワード 近代経済学、需要、供給、消費者、生産者、余剰、市場メカニズム、独占、情報不対称、ゲーム、GDP、有効需要、貨幣、失業、財政政策、金融政策、インフレ、デフレ、経済成長、為替レート、比較優位性 
受講補足(履修制限等) とくになし 
学生へのメッセージ ①日本経済及び国際経済をはじめとする現実問題に関心を持ちましょう。
②宿題の問題をしっかり解いて提出しましょう。 
実務経験のある教員による科目 いえ 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) できるだけ対面授業をしたい。大学から指示があれば、zoomでの授業も考えられます。2020年度授業はzoomでのonline授業でした。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.