タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-多文化共生教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60760900 
科目名   英語応用Ⅰ  
担当教員   細谷 典子  
対象学年   1年   クラス   52  
講義室   N102    開講学期   春学期  
曜日・時限   月2   単位区分   必修  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻多文化共生教育コース必修科目 
備考   
ナンバリング   131E42 
ねらいと目標 英字新聞、雑誌、ニュース、関連する映像教材などを通して、ボキャブラリーを増やし、読解力を向上させる。その上で、アメリカを中心とする欧米の歴史と現状についての知識と関心を高め、さまざまな争点について英語によるディスカッション、プレゼンテーション能力を高めることが狙い。  
内容 英文の資料および記事の読解を通じ、語彙力と知識を蓄積した上で、歴史上有名なスピーチの暗誦を行う。また、「多文化共生」というテーマで英語によるプレゼンテーションを行う。  
テキスト 特になし  
参考文献 初回に提示  
成績評価方法 出席、試験、ディスカッション、暗誦を総合的に評価する。規定回数以上の欠席に対する救済措置なし。積極的な発言や授業貢献はプラス評価となる。携帯電話・端末の使用、途中退室、私語等はマイナス評価となるので、気をつけること。  
授業スケジュール(展開計画)
内容
1イントロダクション
2新聞記事、映像資料を基に展開1
3新聞記事、映像資料を基に展開2
4新聞記事、映像資料を基に展開3
5新聞記事、映像資料を基に展開4
6新聞記事、映像資料を基に展開5
7英語によるスピーチ暗誦準備
8英語によるスピーチ暗誦準備
9英語によるスピーチ暗誦準備
10英語によるスピーチ暗誦準備
11英語によるスピーチ暗誦
12英語によるスピーチ暗誦
13英語によるスピーチ暗誦
14英語によるスピーチ暗誦
15期末試験・総括
授業時間外における学習方法 配布された資料には必ず目を通して授業に出席すること。 
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等) 自専攻以外は英語のテストによる履修制制限を行う。  
学生へのメッセージ 辞書は必ず持参すること。
 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面と遠隔(ライブ配信)で行う。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.