タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-多文化共生教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60760300 
科目名   多文化共生教育支援概説  
担当教員   水津 嘉克  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   W301    開講学期   秋学期  
曜日・時限   月5   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻多文化共生教育コース必修科目 
備考   
ナンバリング   131E41 
ねらいと目標 急速な変化のただなかにある現代社会において,さまざまに異なる文化的背景,あるいは多様な社会的属性をもった人たちと共存していくための基礎的な知識を学ぶ. 
内容 そもそも「文化」とはなにか、という問いから始め。実際の社会においての多様性を認めていくとはどのようなことなのか、「支援」をするとは一体どのような実践なのかを考えていく。また日本社会に急速に増えつつある在日外国人の現状に関する基礎的な知識を学ぶ。 
テキスト 『自己と他者の社会学』有斐閣アルマ.『社会的排除』岩田正美,有斐閣.『よくわかる国際社会学 第2版』樽本英樹,ミネルヴァ書房.等 
参考文献 授業内で適宜提示する. 
成績評価方法 コメントシートと学期末レポートによる。 
授業スケジュール(展開計画) 1)オリエンテーション
2)文化とはなにか①
3)文化とはなにか②
4)文化とはなにか③
5)アフターモダンの社会とは①
6)アフターモダンの社会とは②
7)資料(DVD)を観る
8)在日外国人とはどのような人たちなのか②
9)在日外国人とはどのような人たちなのか③
10)現代社会における多様性とはなにか①
11)現代社会における多様性とはなにか②
12)資料(DVD)を観る
13)「他者」を“支援する”とはどのような実践なのか
14)まとめ
15)予備日
 
授業時間外における学習方法  
授業のキーワード 近代と後期近代.海外にルーツを持ち日本で仕事や生活をする人たち. 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ ニュースや映画,小説やドラマなどから日々伝わってくる情報をチェックし、それをを自分の問題として考える材料としてみてください。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 基本対面方式(状況によってはオンライン) 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.