タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-多文化共生教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60034800 
科目名   ドイツ語コミュニケーションAⅠ  
担当教員   小泉ライトホーファー  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   N201    開講学期   春学期  
曜日・時限   木1   単位区分   選択  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程理科専攻語学領域:選択、初等教育教員養成課程国語選修 日本語教育コース語学領域:選択、初等教育教員養成課程国際教育選修語学領域:選択、教育支援課程 教育支援専攻表現教育コース語学領域:選択、初等教育教員養成課程理科選修語学領域:選択、中等教育教員養成課程技術専攻語学領域:選択、中等教育教員養成課程保健体育専攻語学領域:選択、初等教育教員養成課程幼児教育選修語学領域:選択、初等教育教員養成課程学校心理選修語学領域:選択、中等教育教員養成課程書道専攻語学領域:選択、中等教育教員養成課程数学専攻語学領域:選択、特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免語学領域:選択、教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース語学領域:選択、初等教育教員養成課程音楽選修語学領域:選択、中等教育教員養成課程音楽専攻語学領域:選択、初等教育教員養成課程美術選修語学領域:選択、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免語学領域:選択、教育支援課程 教育支援専攻情報教育コース語学領域:選択、初等教育教員養成課程家庭選修語学領域:選択、中等教育教員養成課程社会専攻語学領域:選択、教育支援課程 教育支援専攻多言語多文化サブコース語学領域:選択、養護教育教員養成課程養護教育専攻語学領域:選択、中等教育教員養成課程美術専攻語学領域:選択、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免語学領域:選択、教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース語学領域:選択、初等教育教員養成課程学校教育選修語学領域:選択、初等教育教員養成課程環境教育選修語学領域:選択、教育支援課程 教育支援専攻地域研究サブコース語学領域:選択、中等教育教員養成課程国語専攻語学領域:選択、初等教育教員養成課程国語選修語学領域:選択、教育支援課程 教育支援専攻カウンセリングコース語学領域:選択、初等教育教員養成課程情報教育選修語学領域:選択、初等教育教員養成課程数学選修語学領域:選択、中等教育教員養成課程家庭専攻語学領域:選択、中等教育教員養成課程英語専攻語学領域:選択、初等教育教員養成課程保健体育選修語学領域:選択、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免語学領域:選択、教育支援課程 教育支援専攻ソーシャルワークコース語学領域:選択、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修語学領域:選択、 
備考  CL:選択 奇数年度のみ開講 
ナンバリング   112E42 
ねらいと目標 日常的なドイツ語会話力を身につけるための授業です。 
内容 ドイツ語を用いてコミュニケーションを行うのに必要な「聞く、話す、読む、書く」技能のうち、口述の技能を中心にして、言語の学習とともにドイツ語圏への興味関心を広げること、日常生活の身近な領域に関連しているドイツ語の語彙や表現が理解できること、身近なテーマについてドイツ語で話せるようになることを目指します。そのため、この授業では、文法や単語が実践的な文脈で覚えられるような会話練習を行います。主に初級レベル(ヨーロッパ共通レベルのA1)のドイツ語学習者を対象とした授業なので、教科書に即して学習を進め、日常生活のテーマ(自己紹介や互いの紹介、家族、住居や出身、また食事、旅行などのテーマ)を扱い、多くのパートナーワーク・チームワーク、ロールプレーなども含めた練習を行う予定です。
2年生も3・4年生も受けられる授業です。(奇数年度はドイツ語コミュニケーションA、偶数年度はドイツ語コミュニケーションBなので、去年のドイツ語コミュニケーションの授業を受けた学生もこの授業にも参加できます。今年は新しい教科書を使用します。)「外国語としてのドイツ語」の授業で、ドイツ語圏内でも世界中でも幅広く使用されている教科書を使い、ヨーロッパ的な方法で外国語を学ぶ経験をしてみましょう。自分のレベルも理解した上で、お互いに助け合って楽しくドイツ語の会話を学びましょう。
参加者の人数が少ない場合、個別の目標に応じて授業を行うこともできます。 
テキスト Schritte international NEU A1/1 (Kurs- und Arbeitsbuch) / Hueber出版社
(1回目の授業までに購入できない可能性もありますので、1回目の授業ではプリント配布します。) 
参考文献  
成績評価方法 授業への積極的な取り組みが成績評価の基本となります。(参加者の人数が多い場合には、学期末に口述試験も行います。) 
授業スケジュール(展開計画)  
授業時間外における学習方法  
授業のキーワード ドイツ語会話 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 1回目と2回目の授業は対面で行います。それからは状況によって、一部遠隔(TeamsまたはZoomを使って、ビデオ会議)で行う可能性もあります。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.