タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-多文化共生教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60032300 
科目名   スペイン語基礎Ⅰ  
担当教員   矢坂 協子  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   N104    開講学期   春学期  
曜日・時限   火1   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程書道専攻語学領域:初習1年、特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免語学領域:初習1年、中等教育教員養成課程美術専攻語学領域:初習1年、特別支援教育教員養成課程 語学領域:初習1年、教育支援課程 教育支援専攻カウンセリングコース語学領域:初習1年、中等教育教員養成課程数学専攻語学領域:初習1年、中等教育教員養成課程家庭専攻語学領域:初習1年、中等教育教員養成課程技術専攻語学領域:初習1年、初等教育教員養成課程国語選修 日本語教育コース語学領域:初習1年、中等教育教員養成課程保健体育専攻語学領域:初習1年、初等教育教員養成課程理科選修語学領域:初習1年、初等教育教員養成課程国際教育選修語学領域:初習1年、教育支援課程 教育支援専攻情報教育コース語学領域:初習1年、中等教育教員養成課程英語専攻語学領域:初習1年、初等教育教員養成課程保健体育選修語学領域:初習1年、教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース語学領域:初習1年、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免語学領域:初習1年、中等教育教員養成課程社会専攻語学領域:初習1年、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習コース語学領域:初習1年、教育支援課程 教育支援専攻多言語多文化サブコース語学領域:初習1年、中等教育教員養成課程音楽専攻語学領域:初習1年、教育支援課程 教育支援専攻表現教育コース語学領域:初習1年、養護教育教員養成課程養護教育専攻語学領域:初習1年、中等教育教員養成課程理科専攻語学領域:初習1年、初等教育教員養成課程学校心理選修語学領域:初習1年、教育支援課程 教育支援専攻ソーシャルワークコース語学領域:初習1年、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免語学領域:初習1年、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修語学領域:初習1年、初等教育教員養成課程情報教育選修語学領域:初習1年、教育支援課程 教育支援専攻多文化共生教育コース語学領域:初習1年、初等教育教員養成課程環境教育選修語学領域:初習1年、中等教育教員養成課程国語専攻語学領域:初習1年、初等教育教員養成課程数学選修語学領域:初習1年、初等教育教員養成課程音楽選修語学領域:初習1年、初等教育教員養成課程家庭選修語学領域:初習1年、初等教育教員養成課程美術選修語学領域:初習1年、 
備考   
ナンバリング   111E42 
ねらいと目標 1年次前期に設定されているこのコースはスペイン語を初めて学ぶ学生を対象に今後の学習の基盤となる基本的な文法知識を身につけてもらうのがねらいです。この知識をしっかりと正確に自分のものにし、簡単なスペイン語を躊躇せず使えるようになることが目標です。
 
内容 文法は言葉の決まりですが、一番手っとり早い言語表現は「言葉を話す」ことです。「話す」ためには言葉が発音できなければなりません、ですから授業は文法規則の説明、説明された規則を理解するための練習、そして知識として得たスペイン語を実際に発音し使ってもらうという具合に進めてゆきます。
 
テキスト 『 AMIGOS アミーゴス 』西川 喬 著、第三書房 2,300 円 +税 
参考文献 辞書 『スペイン語ミニ辞典』白水社 \2,800 +税
『現代スペイン語辞典』白水社 \4,000 +税
『クラウン西和辞典』三省堂 \4,700 +税
辞書は実際内容を見て納得したものを購入してください。新品でなくとも先輩や知人から譲ってもらった辞書で充分です。電子辞書は単語のスペルを正確に覚えるためには不向きです。
『改訂スペイン語の入門』瓜谷良平著、白水社
『基礎スペイン語便覧』高橋覚二著、評論社
 
成績評価方法 2019年度までの教室での対面式授業であれば期末試験を主に平常点(授業への出席や参加状況、学期中の小テストの結果で判断)で総合的に評価しますが、オンライン授業もしくは対面とオンライン授業の併用が余儀なくされる授業形式であれば、前述の平常点(小テストは範囲も含め授業で事前に知らせます)に比重をおいて評価します。いずれにしても今年度の全学的な授業形式を踏まえて春学期初回授業に受講生の皆さんに連絡します。
 
授業スケジュール(展開計画) 以下の授業回数ごとの授業内容は、今年度の授業形式や実際の授業の進み具合に応じて適宜変更する可能性があります。
内容
1オリエンテーション。
1課:スペイン語のアルファペットと発音など。
2前回授業の復習と続き。
2課:スペイン語の名詞と冠詞。付随する練習問題。
3前回授業の復習と続き:hay を使った存在文、Diálogo p.12の発音練習と日本語訳。
3課:スペイン語の be 動詞:ser と estar。付随する練習問題。
4前回授業の復習と続き:Diálogo p.16の発音練習と日本語訳。
4課:動詞の現在形。付随する練習問題。
5前回授業の復習と続き:指示詞、ser 動詞の補足。
Diálogo p.20の発音練習と日本語訳。
6前回授業の復習。
5課:スペイン語の have 動詞: tener。付随する練習問題。
7前回授業の復習と続き:一般形容詞、所有形容詞。
Diálogo p.24の発音練習と日本語訳。
8これまでのまとめの小テスト。
6課:スペイン語の go と come: ir と venir。付随する練習問題。
9前回授業の復習と続き:国名・地名の形容詞、時刻の表現。
付随する練習問題。Diálogo p.28の発音練習と日本語訳。
10前回授業の復習。これまでのまとめの小テスト。
7課:スペイン語の say と hear: decir と oír。付随する練習問題。
11前回授業の復習と続き:曜日と日付の表現、否定語と不定語。付随する練習問題。
スペイン語の make と do: hacer。付随する練習問題。
12前回授業の復習と続き:文と文を結ぶ接続詞 que ( 英語 that )、Diálogo p.32の発音練習と日本語訳。
8課:目的語の人称代名詞。
13前回授業の復習と続き:目的語の代名詞をよく使う動詞:dar ( 英語 give )、ver ( 英語 see )、
saber ・ conocer (英語 know) 。付随する練習問題。
14前回授業の復習と続き:Diálogo p.36の発音練習と日本語訳。
春学期に学習した主要文法項目の復習。
15春学期のまとめ。
授業時間外における学習方法 毎回の授業で次週までの課題を出しますので、必ずその課題を行い次回授業に備えて下さい。
秋学期(後期)の授業に円滑に入るため夏休みの課題(具体的には春学期最終授業時に指示)を出します。この課題は春学期(前期)の復習ともなりますので、必ず行い秋学期初回授業の際持参して下さい。 
授業のキーワード 声を出す。これが語学学習の第一歩です。 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 初めての言語ですから、覚えなければ先に進めません。めげないで下さい。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 今年度春学期が開講される前に変更があるかもしれませんが、教室での対面形式を3月の時点では想定しています。オンラインによる遠隔形式になる場合は、WebClass もしくはTeams を使用した授業です。
 
その他 1) 辞書は先輩や知人の方から譲ってもらったものでも充分です。5月の連休明けくらいには揃えて授業に毎回持参してください。
2) 学期中2以上の無断欠席は極力回避(欠席理由は事後でも申し出ること)。
3) 後期の授業に円滑に入るために夏休みの課題を出します。
 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.