タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-多文化共生教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60032200 
科目名   イタリア語基礎Ⅳ  
担当教員   川井 繁巳  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   W201    開講学期   秋学期  
曜日・時限   金1   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免語学領域:初習2年、中等教育教員養成課程音楽専攻語学領域:初習2年、中等教育教員養成課程技術専攻語学領域:初習2年、初等教育教員養成課程学校教育選修語学領域:初習2年、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修語学領域:初習2年、初等教育教員養成課程理科選修語学領域:初習2年、初等教育教員養成課程環境教育選修語学領域:初習2年、教育支援課程 教育支援専攻表現教育コース語学領域:初習2年、教育支援課程 教育支援専攻カウンセリングコース語学領域:初習2年、教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース語学領域:初習2年、中等教育教員養成課程英語専攻語学領域:初習2年、中等教育教員養成課程国語専攻語学領域:初習2年、初等教育教員養成課程社会選修語学領域:初習2年、中等教育教員養成課程数学専攻語学領域:初習2年、初等教育教員養成課程家庭選修語学領域:初習2年、初等教育教員養成課程国語選修語学領域:初習2年、教育支援課程 教育支援専攻多言語多文化サブコース語学領域:初習2年、中等教育教員養成課程家庭専攻語学領域:初習2年、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース語学領域:初習2年、中等教育教員養成課程美術専攻語学領域:初習2年、中等教育教員養成課程書道専攻語学領域:初習2年、中等教育教員養成課程理科専攻語学領域:初習2年、教育支援課程 教育支援専攻ソーシャルワークコース語学領域:初習2年、中等教育教員養成課程保健体育専攻語学領域:初習2年、養護教育教員養成課程養護教育専攻語学領域:初習2年、初等教育教員養成課程美術選修語学領域:初習2年、初等教育教員養成課程学校心理選修語学領域:初習2年、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免語学領域:初習2年、初等教育教員養成課程英語選修語学領域:初習2年、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免語学領域:初習2年、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免語学領域:初習2年、初等教育教員養成課程国際教育選修語学領域:初習2年、初等教育教員養成課程国語選修 日本語教育コース語学領域:初習2年、初等教育教員養成課程音楽選修語学領域:初習2年、初等教育教員養成課程情報教育選修語学領域:初習2年、教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース語学領域:初習2年、 
備考   
ナンバリング   112E42 
ねらいと目標 物語を読んでみよう 
内容  イタリア語基礎IIIまでで学んだ初級文法の知識を活用して、長文のテキストを読む。文法事項として、非人称表現、受動態が加わるが、日常会話で頻繁に使用されているもののみを取り上げて解説する。具体的にテキストを読み進める中で、これらの表現に気づくはずである。尚、テキストとスケジュールは便宜的に記したものであり、学生との話し合いの中で変更することも可能である。 
テキスト A. Santini, Linea A, ALMA edizioni 
参考文献 『ポケットプログレッシブ伊和・和伊辞典』 
川井繁巳 著 『いちばんやさしいイタリア語会話入門』池田書店 
成績評価方法  授業の参加度(満点30点)に、WebClass上で実施する課題の点数を合計し、満点に対する割合(90%台S, 80%台A…)で評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス
2非人称構文
3受動態
4BATTISTINI
5ANAGNINA
6FLAMINIO
7SPAGNA
8RE DI ROMA
9SAN GIOVANNI
10VITTORIO EMANUELE
11VALLE AURELIA
12COLOSSEO
13REPUBBLICA
14TERMINI
15総まとめ
授業時間外における学習方法  予習は必須。30分から1時間が目安で、単に「和訳」するのではなく、イタリア語の構造を踏まえた上での「読解」になるように努力すること。 
授業のキーワード 語学 外国語 イタリア語 
受講補足(履修制限等)  イタリア語基礎IIIの内容が理解できていること。 
学生へのメッセージ  分からないことがあれば、すぐに担当教官に相談すること。日々の積み重ねが大切。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式)  対面授業と遠隔授業を交互に実施する。つまり、初回は遠隔、2回目は対面、3回目は遠隔…というパターンである。具体的な進め方に関しては初回時にWebClass通じて指示する。 
その他  学習内容や順番、評価方法に関しては、告知、説明の上、変更する可能性がある。
 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.