タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-多文化共生教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   50713900 
科目名   多文化共生教育論文演習Ⅱ  
担当教員   李 修京,小澤 英実,菅 美弥,橋村 修,范 文玲,田中 比呂志,水津 嘉克,若林 恵  
対象学年   4年   クラス   02  
講義室   研究室     開講学期   秋学期  
曜日・時限   金1   単位区分   選択  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻地域研究サブコース選択科目A、教育支援課程 教育支援専攻多言語多文化サブコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   134E42 
ねらいと目標 多文化共生社会や多文化共生社会の教育・教育支援に関する卒業論文を完成させる。 
内容 論文を執筆しながら、それに関するプレゼンテーションとディスカッションを行い、問題点を修正しながら論文を完成させる。 
テキスト 授業の時に指示する。統一テキストはない。 
参考文献 適宜指示する。 
成績評価方法 プレゼンテーションの内容とディスカッションにおける態度を評価対象とするとともに、完成した論文が先行研究を踏まえて課題を設定しているか、一次資料を根拠として用いているか、結論が妥当かどうかを評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション
2第一回目のプレゼンテーション
3第一回目のプレゼンテーションの再検討とディスカッション
4第一回目のプレゼンテーションを補足するための先行研究の検討
5第一回目のプレゼンテーションを補足するための資料の検討
6第二回目のプレゼンテーション
7第二回目のプレゼンテーションの再検討とディスカッション
8第二回目のプレゼンテーションを補足するための先行研究の検討
9第二回目のプレゼンテーションを補足するための資料の検討
10第三回目のプレゼンテーション
11第三回目のプレゼンテーションの再検討とディスカッション
12第三回目のプレゼンテーションを補足するための先行研究の検討
13第三回目のプレゼンテーションを補足するための資料の検討
14最終プレゼンテーション
15まとめと講評
授業時間外における学習方法 授業中に指摘された問題点に基づき、論文を修正する。 
授業のキーワード 多文化共生社会、多文化共生教育 
受講補足(履修制限等) 無断欠席は厳禁。欠席するときは必ず事前に教員に連絡すること。 
学生へのメッセージ 多文化共生とは何か、様々な社会の出来事を認識しながら関連記事を読む習慣をつけましょう。いずれ皆さんの豊かな知識につながります。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 基本的には対面ですが、場合によってはTeamsやZoomによるオンライン講義も適時に使いますので、web classやTeamsを確認してください。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.