タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-ソーシャルワーク
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60754500 
科目名   ソーシャルワーク実習指導Ⅲ  
担当教員   梅山 佐和  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   共一演     開講学期   秋学期  
曜日・時限   火3   単位区分   選択  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻ソーシャルワークコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   133E32 
ねらいと目標 ソーシャルワーク実習における体験を整理・分析することにより、社会福祉士として求められる価値・知識・技術についてさらに学びを深め、獲得する。 
内容 実習において、個人で体験し考察したことについて、グループ学習を通して学びをまとめ、最終的には実習報告書を作成し、実習報告会を行う。 
テキスト ソーシャルワーク実習ハンドブック
ソーシャルワーク実習ノート 
参考文献 ・適宜紹介する 
成績評価方法 ・平常点(コミュニケーションペーパーの提出・発表・授業参加等):30%
・中間レポート:20%
・期末レポート(実習報告書としてまとめたもの):50% 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1導入:実習体験の共有と今後の予定の確認
2成果及び課題の分析―実習計画および実習記録の整理
3実践からニーズを考える(1)主観と客観
4実践からニーズを考える(2)ニーズの確定
5実践からニーズを考える(3)ミクロ・メゾ・マクロ
6ニーズ理解と支援の在り方
7実践からソーシャルワークの原理を考える
8実践からソーシャルワークの原則を考える
9実践からジレンマを考える
10実践から「固有性」を考える(1)組織アセスメント
11実践から「固有性」を考える(2)連携協働
12実習報告会準備(1)
13実習報告会準備(2)
14実習報告会(1)
15実習報告会(2)
授業時間外における学習方法  
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等) 報告会は、補講期間中に2時間続きで行う。学期中に2回休講する。 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 原則、対面授業を行う。
ただし、状況によっては、遠隔(ライブ配信)に切り替える可能性がある。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.