タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-ソーシャルワーク
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60754300 
科目名   ソーシャルワーク実習指導Ⅰ  
担当教員   角田 慰子  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   N204    開講学期   春学期  
曜日・時限   木3   単位区分   選択  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻ソーシャルワークコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   132E32 
ねらいと目標 ソーシャルワーク実習は、社会福祉士(ソーシャルワーカー)として求められる専門知識や専門技術、ソーシャルワークの価値・倫理を具体的に体験、理解する上で非常に重要である。本科目では、その事前学習として、ソーシャルワーク実習の意義について理解を深めつつ、下記3点を目指す。
①生活課題を抱える人々を取り巻く状況や社会問題を理解する。
➁実習を行う分野の利用者および施設・機関について理解する。
➂社会福祉士として求められる役割を理解し、価値と倫理に基づく専門職としての姿勢を身につける。                         
内容 ソーシャルワーク実習に向けて、利用者理解のための調べ学習や、実習分野に携わるゲストスピーカーによる講義を行い、社会福祉士および実践現場についての理解を深める。毎回、演習形式で行い、グループワーク、プレゼンテーション、ディスカッションの機会を設ける。 
テキスト 特に指定しない。資料等を配布する。 
参考文献 適宜紹介する。 
成績評価方法 ①平常点(グループワーク・プレゼンテーション等授業への積極的な参加、リアクションペーパーの内容)50%
➁レポート50%    
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション
 ※本授業のねらいと目的・授業方針を事前に確認しておき、その上で履修登録を行うこと。
2社会問題や生活課題を抱える人々の理解(1)グループワーク、リサーチ
3社会問題や生活課題を抱える人々の理解(2)プレゼンテーション、ディスカッション
4社会問題や生活課題を抱える人々の理解(3)プレゼンテーション、ディスカッション
5社会問題や生活課題を抱える人々の理解(4)プレゼンテーション、ディスカッション
6社会問題や生活課題を抱える人々の理解(5)プレゼンテーション、ディスカッション
7地域社会等に関する基本的な理解(1)グループワーク
8地域社会等に関する基本的な理解(2)ゲストスピーカーの講義
9施設・機関に関する基本的な理解(1)グループワーク
10施設・機関に関する基本的な理解(2)プレゼンテーション、ディスカッション
11多様な施設や事業所における現場実践の実際(1)ゲストスピーカーの講義
12多様な施設や事業所における現場実践の実際(2)ゲストスピーカーの講義
13実習先で関わる他の職種の専門性や業務に関する基本的な理解
14ソーシャルワークの価値規範と倫理・知識・技術に関する理解
15まとめ
ソーシャルワーク実習のオリエンテーション
授業時間外における学習方法 ・ディスカッションに必要な基礎知識は、事前に個別で学習をしておくこと。
・プレゼンテーションに向けて、調べ学習等の準備をすること。
・ボランティア体験やインターンシップなどを通して、福祉の現場を理解すること。 
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等) 社会福祉士国家試験受験資格取得希望者のみ履修可(ソーシャルワークコース学生)。 
学生へのメッセージ ゲストスピーカーによる講義の実施および日程は、変更になる場合があります。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 原則、対面で実施する。ただし、状況と必要に応じて、遠隔(Zoom)での実施も検討する。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.