タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-ソーシャルワーク
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60754000 
科目名   ソーシャルワーク演習Ⅲ  
担当教員   露木 信介  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   共一演     開講学期   春学期  
曜日・時限   火5   単位区分   選択  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻ソーシャルワークコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   133E32 
ねらいと目標 ソーシャルワークに関する価値と倫理を踏まえ,専門的知識,技術を実践的に習得するとともに,それらを現場で適切に活用できる能力を身につけることを目標とする. 
内容 実践事例をもとに,ソーシャルワーク展開過程に沿って,その過程において用いる様々な技術やツールを使いこなせるよう,グループ活動やグループディスカッション,プレゼンテーションなどを通して,ソーシャルワーカーとして必要な能力を身につける. 
テキスト 社会福祉士養成講座編集委員会編集 『相談援助の理論と方法Ⅰ』(中央法規出版) 
参考文献 社会福祉士養成講座編集委員会編集 『相談援助の基盤と専門職』(中央法規出版)
福祉士養成講座編集委員会編集 『相談援助の理論と方法Ⅱ』(中央法規出版)
合わせて授業内で随時紹介する. 
成績評価方法 試験(レポート):50点+平常時評価(授業内課題・グループディスカッション・プレゼンテーション):50点, 合計100点満点.出席が5分の4に満たない又は途中で授業を放棄した場合は「失格」とする.
レポート試験に関しては,授業内容に沿ったテーマを論述する.留意点としては,できるだけ多くの文献や資料に当たること.また,テキスト等を中心に,テーマで問われる内容を整理し,詳細の内容については,文献などに基づき,必ず自分なりの考察や考えを加え作成すること. 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション
2インテーク・エンゲージメント技術の習得
3面接技術①
4面接技術②
5アセスメント・プランニング技術の習得①
6アセスメント・プランニング技術の習得②
(ケースカンファレンス,スーパービジョン)
7記録技術の習得①
(エコマップ,ジェノグラムなどのツール活用)
8記録技術の習得②
(プロセスレコードなどの記録法)
9インターベンション(相談援助における社会資源の活用・調整・開発を含む )技術の習得
10モニタリング技術の習得
(ケースカンファレンス)
11エバリュエーション技術の習得
(実戦評価技術・効果測定)
12集団を活用した相談援助①
13集団を活用した相談援助②
14集団を活用した相談援助③
15授業のまとめ
授業時間外における学習方法 【予習】60分
討議、授業に関連する資料や文献などを講読し、「自分なりの意見」を準備してくること。また使用した文献等は必ず持参すること。
【復習】60分
グループ討議や議論を通して、更なる調べ学習をおこない、次回のグループ活動に新たな情報を提供できるように準備すること。 
授業のキーワード 福祉,社会福祉,社会福祉士,ソーシャルワーカー,ソーシャルワーク,人と環境,エンパワメント,権利擁護,社会正義 
受講補足(履修制限等) 社会福祉士国家試験を受験する場合は「必須科目」である。
【予習】【復習】は必須。出席し、演習に参加できること。授業準備と復習ができること。
なお、授業効率を高めるため、2コマ連続で開講する(ソーシャルワーク演習Ⅱ/Ⅲ)。 
学生へのメッセージ 今までの授業で学んだ知識をフル活用して,援助・支援の開始から終結までの一連の流れを体験してもらいます.よって,今まで学んだ知識や技術,価値倫理は各自で再点検しておきましょう. 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 原則,対面で実施する
なお,課題やレポート提出などについては,WebClassを活用する
※感染状況に応じて,オンライン(Zoomを活用した双方向)も検討する 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.