タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-ソーシャルワーク
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60753000 
科目名   公的扶助論  
担当教員   内田 賢  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   N201    開講学期   春学期  
曜日・時限   月5   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻ソーシャルワークコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   132E31 
ねらいと目標 ・貧困・低所得問題の概念をめぐる議論と、現代社会において貧困がなぜ、どのように現れるのか、貧困・低所得問題の現状への理解を得る。
・貧困・低所得問題に対応する公的扶助制度に対しての基礎的な知識の習得。
・上記した理解・知識に基づいた貧困・低所得者への支援の習得。
 
内容 ・貧困の各概念(絶対的貧困・相対的貧困・社会的排除など)を学ぶ。また、近年なぜ貧困が社会問題としてクローズアップされるようになったのか現代社会とのかかわりで貧困問題を考える。
・貧困・低所得問題に対して制度としてどのように対抗してきたのか、生活保護制度の概要と実際の運用、その役割を学ぶ。
 
テキスト 新社会福祉士養成講座⑯「低所得者に対する支援と生活保護制度 第5版」(2019)中央法規 
参考文献 授業中適宜紹介 
成績評価方法 小テストと期末試験 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1本授業の目的と概要
2公的扶助の概念
3貧困・低所得者問題と社会的排除①
4貧困・低所得者問題と社会的排除②
5現代社会と貧困・低所得問題
6公的扶助の歴史
7生活保護の仕組み①
8生活保護の仕組み②
9最低保障水準と生活保護基準、生活保護の動向
10低所得者対策の概要
11生活保護の運営実施体制と関係機関・団体
12貧困・低所得者に対する相談援助活動
13生活保護における自立支援
14現代社会と生活保護制度
15まとめ
授業時間外における学習方法 予習:①テキストの一読、②理解できない部分(用語、概念等)をまとめておく。
復習:講義を聞いてみて、理解できた部分と、理解できなかった部分を明確にしておく。理解できなかった部分については次の講義等で確認してほしい。

 
授業のキーワード 福祉、貧困、支援 
受講補足(履修制限等) 受講希望者に制限は設けない。 
学生へのメッセージ 公的扶助・生活保護というと少し硬そうに聞こえますが、我々の生活にもかかわってくる部分も大きな制度です。身近な制度として学習してください。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面を基本に、状況に応じて遠隔とする。遠隔の場合は講義予定の教室を使用可。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.