タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-ソーシャルワーク
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60752700 
科目名   地域福祉論Ⅱ  
担当教員   加瀬 進  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   S102    開講学期   春学期  
曜日・時限   火3   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻ソーシャルワークコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   133E31 
ねらいと目標 現在・現実の地域社会を「多様性を包みこみ、支え合う」コミュニティへと変容させていくための具体的な方法を実践事例を通して学ぶ。  
内容 コミュニティソーシャルワークの方法を振り返った上で、住民参加/ソーシャルサポートネットワーク/社会資源の活用・調整・開発/ニーズ把握に関する講義を行う。以上を踏まえてキーワードを設定し、「地域福祉」実践としての企画立案を演習的に行う。演習は企画立案の役割分担ごとにグループ設定して実施する。今年度のキーワードは「地域共生社会とNPO等民間活力」を予定している。 
テキスト 特に指定しない。 
参考文献 適宜、紹介する。 
成績評価方法 演習報告・発表(50%)、期末試験(50%)  
授業スケジュール(展開計画)  
内容
1オリエンテーション
2コミュニティソーシャルワークの方法1
3コミュニティソーシャルワークの方法2
4住民の参加と方法
5ソーシャルサポートネットワーク
6地域における社会資源の活用・調整・開発
7地域におけるニーズの把握方法
8地域における福祉サービスの評価
9コミュニティソーシャルワーク演習1
10コミュニティソーシャルワーク演習2
11コミュニティソーシャルワーク演習3(中間報告)
12コミュニティソーシャルワーク演習4
13コミュニティソーシャルワーク演習5
14コミュニティソーシャルワーク演習6(最終報告)
15まとめ
授業時間外における学習方法 「我が事・丸ごと」地域共生社会というキーワード検索でヒットする内容をノートに整理すること。 
授業のキーワード コミュニティソーシャルワーク 地域共生社会 我が事・丸ごと 
受講補足(履修制限等) 地域福祉論Ⅰの単位取得済みであること。 なお、本授業は演習に入ると授業時間以外にグループごとの進行予定・役割分担に従って情報収集等を行うことになる。その点を了解した上で履修すること。 
学生へのメッセージ 各グループの班長・副班長・記録係と授業担当者のコラボレーションが本授業の成否を握っています。これまでの授業では素晴らしい報告が続いています。今年度の受講生諸君にも期待しています。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) オリエンテーションは対面方式とし、その際に実施方法を指示する。ただし、コロナの状況によってはオリエンテーションも遠隔にする可能性もある 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.