タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-ソーシャルワーク
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60752300 
科目名   ソーシャルワーク論Ⅳ  
担当教員   矢野 明宏  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   N202    開講学期   秋学期  
曜日・時限   火1   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻ソーシャルワークコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   132E31 
ねらいと目標 ソーシャルワークの具体的技術のうち、アウトリーチ、契約、アセスメント、介入、モニタリングと評価、支援の終結と評価、アフターケア、加えて、面接技術、記録技術、交渉技術について学び、習得することを目的とする。また社会資源やネットワーキングの調整や開発についても学ぶ。 
内容 ①ソーシャルワーク実践技術(展開過程、面接、記録、交渉など)、②社会資源の活用・開発、③他職種連携の活用・調整などを中心に学ぶ。 
テキスト 社会福祉士養成講座編集委員会編『相談援助の理論と方法Ⅰ』第3版 中央法規出版 
参考文献 必要に応じて、適宜紹介する。 
成績評価方法 授業ごとの小レポート50%、期末レポート50% 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1授業ガイダンス
本授業の目的と内容説明
ソーシャルワーク実践とは何か?(これまでの学びから)
2ソーシャルワーク実践技術(1)
アウトリーチ
3ソーシャルワーク実践技術(2)
ソーシャルワークにおける契約
4ソーシャルワーク実践技術(3)
アセスメント
5ソーシャルワーク実践技術(4)
介入技法
6ソーシャルワーク実践技術(5)経過観察、再アセスメント
7ソーシャルワーク実践技術(6)
効果測定、評価
8ソーシャルワーク実践技術(7)
面接技法
9ソーシャルワーク実践技術(8)
記録技法
10ソーシャルワーク実践技術(9)
交渉技法
11社会資源の活用・開発(1)
既存の社会資源との連携・協働
12社会資源の活用・開発(2)
新たな社会資源お創出と展開
13ネットワーキング
ネットワーキングの活用と調整
14ソーシャルワーカーの支援の実際
事例検討
15まとめ
ソーシャルワーク実践とは何か?(今回の学びから)
授業時間外における学習方法 少なくても予習30分・復習30分
事前にテキストを読むこと
授業後にテキストやノート等により再確認すること
日頃から生活問題に関する気づきをもつこと 
授業のキーワード ソーシャルワーク実践技術(アウトリーチ、面接、記録、交渉、展開過程) 
受講補足(履修制限等) 社会福祉士国家試験受験資格取得のための必須科目である。 
学生へのメッセージ 私語厳禁
妥当性のない遅刻・欠席はしないこと。 
実務経験のある教員による科目 高齢者福祉施設におけるソーシャルワーク実践を理論に結びつけ、講義を展開していく。 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 大学の方針に沿い、基本的には対面形式で行う。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.