タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-ソーシャルワーク
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60751500 
科目名   社会保障論Ⅰ  
担当教員   内田 賢  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   S102    開講学期   春学期  
曜日・時限   月4   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻ソーシャルワークコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   132E31 
ねらいと目標 ・現代社会において社会保障制度のもつ意義についての理解を得ることを目的とする。
・社会保障制度とは何なのか。概念、体系、思想の学習からその定義への理解を得る。
・歴史等の学習を通じてなぜ、社会保障制度が必要とされてきたのか、その背景の理解を得る。
・社会保障が抱える課題を理解しこれからの社会保障を考える力を養う。

 
内容 ・社会保障制度の思想や歴史の学習を通じて社会保障制度の根幹の考え方を学ぶ。具体的には、社会保障とは何なのかその定義や、日本において社会保障にどのような制度が分類されているのか体系を学ぶ。さらに福祉国家や人権(社会権)といった社会保障を支える思想を学び、社会保障が社会に与える機能や影響を考察する。
・社会保障が抱える課題を学び、これからのの社会保障の有り様を考える。社会保障制度が直面している社会変動、具体的には少子高齢化と労働市場の変化を取り上げ、それが社会保障に与える影響を考える。
 
テキスト 新社会福祉士養成講座編集委員会『社会保障』(第6版)中央法規2019

 
参考文献 授業中適宜紹介


 
成績評価方法 小テストと期末試験
 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1本講義の目的と概要    
2現代社会と社会保障①
3現代社会と社会保障②
4社会保障の歴史①
5社会保障の歴史②     
6社会保障の体系
7社会保障の構造
8社会保障の費用と財源
9社会保障と経済
10社会保障の課題―少子高齢化と社会保障
11社会保障の課題―労働市場の変化と社会保障
12社会保障の課題―ライフサイクルの変化と社会保障
13海外の社会保障①
14海外の社会保障②
15まとめ
授業時間外における学習方法 予習:①テキストの一読、②理解できない部分(用語、概念等)をまとめておく。
復習:講義を聞いて理解できた部分と、理解できなかった部分を明確にしておく。理解できなかった部分については次の講義等で確認する。
 
授業のキーワード 福祉、制度、人権 
受講補足(履修制限等) 履修制限はない。 
学生へのメッセージ 社会保障は身近な制度も多いため、われわれの生活に欠かせないものである。社会保障が必要とされる背景とわれわれの生活にどのように関わっているのかを考えてほしい。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面を予定しているが、受講者数が一定基準を超えた場合は遠隔とし、使用予定教室でも遠隔授業を受講可能。 
その他 社会保障Ⅱも同じテキストを使用(学ぶ章は別部分)。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.