タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-カウンセリング(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60742400 
科目名   公認心理師の職責  
担当教員   篠原 恵美  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   S102    開講学期   秋学期  
曜日・時限   火2   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻カウンセリングコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   133E21 
ねらいと目標 公認心理師の職責について学習する。公認心理師の役割と共に、多職種との連携の在り方、法的義務及び倫理、守秘義務についても学び、公認心理師としての責務を理解する。 
内容 テキストについて理論的学習と、グループ討議を組み合わせて行うことにより、職責への基本的な考えを培う。討議のグループはwebclassによってランダムに分け、授業ごとに変更する。 
テキスト 公認心理師現認者講習会テキスト[改訂版] 金剛出版 ¥3,800+税 
参考文献 適宜提示する。 
成績評価方法 平常点評価(グループ活動への参加状況・質問・感想内容)および中間・最終レポートで評価する。平常点40%、中間・最終レポート合わせて60%。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1公認心理師の職責 オリエンテーション
2公認心理師の役割⑴
3公認心理師の役割⑵
4多職種連携及び地域連携⑴
5多職種連携及び地域連携⑵
6公認心理師の法的義務及び倫理⑴
7公認心理師の法的義務及び倫理⑵
8前半のまとめ 中間レポート課題
9心理に関する支援を要する者等の安全の確保⑴
10心理に関する支援を要する者等の安全の確保⑵
11情報の適切な取り扱い⑴
12情報の適切な取り扱い⑵
13自己課題発見・解決能力⑴
14自己課題発見・解決能力⑵
15後半のまとめ 最終レポート課題
授業時間外における学習方法 テキストで、授業に該当する章は事前に必ず読んでおくこと。また授業終了後、必ずその回の質問・感想をwebclassで提出すること。 
授業のキーワード グループ学習 実務経験のある教員による授業 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目 〇 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式 
その他 公認心理士資格の必須科目である。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.