タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-カウンセリング(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60740300 
科目名   カウンセリングとキャリア形成  
担当教員   福井 里江  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   N201    開講学期   春学期  
曜日・時限   水2   単位区分   必修  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻カウンセリングコース必修科目 
備考   
ナンバリング   132E22 
ねらいと目標 将来の職業選択に向けて自己理解を深めつつ、臨床心理学に関するさまざまな専門職の実際を学ぶことを通して、心の専門家としてのキャリア形成の道筋を理解し、今後の学修計画およびキャリア発達に資することを目的とする。 
内容 職業選択にあたり、現在・過去・未来についての自己理解を深める、心の専門家としての職業にはどのようなものがあるか理解する、さまざまな領域で心の専門家として働いている方々をゲストティーチャーとして招き、進路選択とその後のキャリア形成のイメージを具体化する、それらをふまえて、みずからのキャリア発達に向けて今後の学修計画を立てる。  
テキスト 特に定めない。 
参考文献 授業内で適宜紹介する。 
成績評価方法 課題への取り組み状況(50%)および最終レポート(50%)により、総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション:心の専門家を志すということ
2カウンセリングコースにおける1年間の学びを振り返る
3将来の職業選択について考える
4未知の自分、既知の自分に出会う
5これまでの歩みをめぐる対話
6心の専門家にはどのような職業があるか調べる(1)
7心の専門家にはどのような職業があるか調べる(2)
8大学院で学ぶということ
9クライエントのために働くということ(1)精神疾患を持つとはどのような体験か
10クライエントのために働くということ(2)さまざまな心理療法にふれる
11クライエントのために働くということ(3)家族療法の実録からの学び
12ゲストティーチャーによる講和(1)スクールカウンセラー
13ゲストティーチャーによる講和(2)家庭裁判所調査官
14ゲストティーチャーによる講和(3)ピアスタッフ
15まとめ:今後の学修計画を立てる
授業時間外における学習方法 1)さまざまな職業や就職先について調べたり,身近な経験者に話を聞いたりなど,職業選択に資することについて積極的に取り組むこと。
2)さまざまな人と出会い関わったり,自分の幅を広げる活動をしたりなど,キャリア発達に資することについて積極的に取り組むこと。
3)最終レポートに取り組むこと 
授業のキーワード アクティブラーニング、グループ学習、ディスカッション、発表会 
受講補足(履修制限等) E類カウンセリングコースの学生に限る。 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目 実務経験のある教員等による授業である。 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 原則として対面形式で実施する。 
その他 ゲストティーチャーの職種は変更になる場合がある。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.