タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-カウンセリング(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   50740400 
科目名   心理実習  
担当教員   松尾 直博,及川 恵,福井 里江,佐野 秀樹  
対象学年   4年   クラス   01  
講義室   別途指示    開講学期   通年  
曜日・時限   金1   単位区分   選必  
授業形態   実技/実験/実習   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻カウンセリングコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   134E23 
ねらいと目標 公認心理師が働く現場の見学実習を通して、(ァ)心理に関する支援を要する者へのチームアプローチ、(イ)多職種連携および地域連携、(ウ)公認心理師としての職業倫理及び法的義務への理解についての学習を深める。 
内容 教育領域(附属学校・教育センター)・福祉領域(福祉型児童発達支援センター)・産業領域(EAP:従業員支援プログラム)・保健医療領域(精神科デイケア)・司法領域の5領域(矯正医療・教育センター)において、見学実習を行い、教員引率の元で、現場の担当者から指導をうける。
具体的な活動は、①教育領域では附属学校において授業参観、児童生徒観察、教職員による講話、②福祉領域では施設の見学、職員による講話、③産業領域では民間の産業精神保健相談室の見学、職員による講話、④保健医療領域では精神科デイケアの見学と職員による講話、⑤司法領域では矯正医療、矯正教育を行うセンターの見学、職員による講話である。実習を通して各領域における心理師の役割や施設に期待される役割、多職種および地域連携、職業倫理・法的義務について学ぶ。
 
テキスト 指定しない  
参考文献 第16巻  健康・医療心理学,  第17巻  福祉心理学,第18巻  学校・教育心理学,  第19巻  司法・犯罪心理学,  第20巻  産業・組織心理学   
成績評価方法 事前学習評価30%
見学実習における取組み評価30%
実習終了後における実習内容の達成度評価40%。
 
授業スケジュール(展開計画) 現場実習は、教育領域、福祉領域、産業領域、医療領域、司法領域の5領域において実施する。領域ごとに、事前学習・事前指導、見学実習、事後学習・事後指導を行う。総授業時間は80時間の予定である。
事前学習・事後学習は、基本的には金1に実施するが、見学実習日は当該施設との調整により決定する。
 
授業時間外における学習方法 見学予定の施設における公認心理師(心理職)の仕事について、事前学習の中で十分に調べ学習を行う。また、見学後は関連の書籍などを読むことを通して、より具体的に公認心理師の社会における役割と責務について学びを深める。  
授業のキーワード チームアプローチ・アクティブ・ラーニング  
受講補足(履修制限等) 公認心理師の必修科目であるため、他専攻の学生の履修は認めていない。 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目 ○ 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式を予定している。事前事後授業については、状況に応じて遠隔形式(ライブ配信)も検討する。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.