タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯学習(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60736100 
科目名   文化財分析化学  
担当教員   新免 歳靖  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   地環文実   開講学期   春学期  
曜日・時限   木5   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース選択科目A、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   132E11 
ねらいと目標 文化財の材質分析および構造解析に関わる分析化学の基礎理論と手法について、湿式分析法や機器分析法を取り上げ、その原理を理解することを目標とする。 
内容 多種多様な物質で構成される文化財資料について、物質の特性を解明するための方法を具体的に解説し、分析化学の基礎知識、湿式化学分析、分離分析、機器分析等について講義する。  
テキスト 適宜プリントを配布する。 
参考文献 適宜紹介する。 
成績評価方法 小テスト、レポートによって総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス
2文化財研究における科学分析の目的と意義
3分析化学の基礎①
4分析化学の基礎②
5文化財における定性化学分析
6文化財における定量化学分析
7文化財における科学的調査法の基礎
8機器分析の手法と特徴
9機器分析① X線構造解析
10機器分析② 蛍光X線分析法
11機器分析③ X線回折分析法
12機器分析④ 電子顕微鏡観察法
13機器分析⑤ その他の分析法
14文化財分析化学の実際
15まとめ
授業時間外における学習方法 機器分析法に関する一般的な参考書を読み、分析方法の基本的な原理を理解すること。また、自分の興味のある文化財に対する調査事例を探し、報告書や論文を読むこと。 
授業のキーワード 無機物質文化財、湿式分析法、機器分析法、材質分析 
受講補足(履修制限等) 文化財科学概説を受講していること。また、秋学期の文化財分析化学実験の受講を希望するものは本講義を受けること。 
学生へのメッセージ 本授業では、文化財を構成する物質のうち、主に無機物(金属、ガラス、顔料など)の分析方法を中心に取り上げます。 
実務経験のある教員による科目 〇 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.