タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯学習(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60735100 
科目名   資料・情報サービス演習  
担当教員   山口 源治郎  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   N101    開講学期   秋学期  
曜日・時限   火3   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース選択科目A、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   133E11 
ねらいと目標 レファレンス質問-回答演習,インターネット情報の検索,パスファインダー等の作成を通して,情報サービスの実践的能力の形成を目指す。 
内容 レファレンス資料の解説,質問回答演習,インターネット情報や各種データベースの活用,利用支援計画,パスファインダーの作成などを行う。 
テキスト 長澤雅男・石黒祐子『レファレンスブックス:選びかた・使いかた』日本図書館協会
毎回授業で使用するので、必ず購入すること。 
参考文献 毎回の授業のレジュメ・資料はTeamsのファイルにアップする。 
成績評価方法 課題の提出回数による 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション(初回授業はWebclassで行う)
2演習総論
3データベース・電子ジャーナル概説
4演習① レファレンスブック,データベース関する質問と情報源
5演習② 言語,文字に関する質問とその報源
6演習③ 事物,事象に関する質問とその情報源
7演習④ 歴史,日時に関する質問とその情報源
8演習⑤ 地理,地名に関する質問とその情報源
9演習⑥ 人物,団体に関する質問とその情報源
10演習⑦ 図書・新聞雑誌に関する質問とその」情報源
11演習⑧ 新聞と雑誌に関する質問とその情報源
12演習⑨ 総合問題(1)
パスファインダー概説
13演習⑩ 総合問題(2)
14演習⑪ 総合問題(3)
15パスファインダーと授業支援
授業時間外における学習方法 附属図書館、地域の公共図書館を活用して、課題への回答を作成すること。
公共図書館場合、中央館など規模の大きな図書館を利用するようにすること。
コロナ感染防止のため、利用時間等が制限されている場合がある。事前に調べておくこと。
 
授業のキーワード 情報,レファレンスサービス、情報リテラシー教育 
受講補足(履修制限等) 春学期「情報サービス論」(2単位)の単位取得者に限る
教育支援系3年生,4年生対象
(なお,学校教育系3年生,4年生は「情報検索演習」(秋学期・木2)を受講すること) 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 現時点では、Teamsによるリモート授業を予定している。
コロナ感染状況が改善された場合は、対面方式に切り替える。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.