タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯学習(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60735000 
科目名   性と人権  
担当教員   虎井 まさ衛  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   C302    開講学期   秋学期  
曜日・時限   月4   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース選択科目A、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   132E11 
ねらいと目標 講師は実際に女から男に性転換し、戸籍上も男になった者で、その過程で自分や仲間たちが周囲から受けてきた扱いを通して、「性と人権」について常に思い巡らしていた。性別全般について通常では得られない視点を提供し、本当の平等とは何かを共に考えていきたい。 
内容 十代の性同一性障害の生徒に対して、ホルモン治療が行われるようになったため、教師になりたい人、親になりたい人を含め、子どもや若者にかかわりたい人は、近い将来この問題は避けて通れない。深い理解を望むため課題や質問などの提出物は毎回熟読するので、真摯に書き込んでほしい。
対面でも質問などは意欲的にしてもらえたら嬉しいが、オンデマンドになった時には特に、Q&Aには力を注ぐ予定。 
テキスト 野宮亜紀・針間克己・虎井まさ衛他
『性同一性障害って何? 増補改訂版』緑風出版、2011 (2000円+税) 
参考文献 授業中にたくさん紹介する。コミック、映像作品も含む。
動きのあるLGBT関連などの、法律や情勢が変わることにより資料内容が変化することがあるので、日々のニュースや新聞記事を意識してほしい。 
成績評価方法 課題の内容(40%)、および最終レポート(60%)による。レポートの内容は、授業内容に関すること、「課題の補足」についての感想、授業内で視聴したドキュメンタリーの感想の中からの選択になる。詳細については後に全員に通知する。 
授業スケジュール(展開計画) 一回ごとにカッチリ終わってはおらず次回に食い込むものも多いけれど、講義あるいは動画内容はほぼ以下の通りである。ただ、講義で取り上げたい社会現象や情報が日々飛び込むので、それは毎回の講義冒頭、オンデマンドになった場合には資料などに書き込んでいく。将来の自分と周囲の人々のために「今この時」知っておくべき新しい事柄についてできる限り各回で言及するので、その際は必ず自分で説明できるように学習を深めておいてほしい。

1.イントロダクション~多様な性について
2.性別の習得について
3.性別違和感について
4.性の変更
5.社会が作る性について
6.宗教と性的少数者について
7.デートDVについて
8.法的性別について
9.性別変更特例法について 
10.特例法要件から外れる当事者について 
11.性同一性障害の現状について
12.あるドキュメンタリー作品の解説・その作品をみる
13.あるドキュメンタリー作品の続きをみる
14.今後の課題と展望について
15.まだしていなかった質問に対する解答・まとめ  
授業時間外における学習方法 性別は自分から一秒も離れていかない事柄なので、日々の生活全般にアンテナを張り、日常の行動や感じ方考え方が自分と他者ではどう違うのか、その違いはどこから来るのか考えるようにしてほしい。また性的少数者に関しては、バラエティ番組など制作側の意向にそって作られたものではなく、当事者本人や周囲の人々の真の意見がうかがえるタイプのメディア作品を、意識的に選んで触れるようにしてほしい。 
授業のキーワード ジェンダー、LGBT、性別役割、性教育、人権教育 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 毎年のようにどんな人のジェンダーに関しても、国内外でも教育界でも状況が動いているので、それらの動きに敏感でありながら授業に臨んでほしい。 
実務経験のある教員による科目 ○ 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式)  基本的に対面で行う予定だが、コロナ感染状況や履修学生数により、オンデマンドへの変更もありうる。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.