タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯学習(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60734700 
科目名   博物館学演習Ⅱ  
担当教員   君塚 仁彦  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   社教実     開講学期   秋学期  
曜日・時限   火3   単位区分   選択  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース選択科目A、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   133E12 
ねらいと目標 「博物館学演習Ⅰ」での学習成果を踏まえて、博物館・美術館等に関する受講生個々の研究テーマを明確化していくこと、しっかりした研究目的と問題意識を作り上げることを目的とする。4年次における「卒業研究」に対応しうる力量を形成することも念頭に置く。 
内容 受講生個々の研究テーマに関する個別的な文献研究や実地調査、それに基づく研究発表とチームアプローチ的な手法によるフィールドワーク、博物館活動調査などをベースに内容を組み立てる。博物館などへの見学やワークショップへの参加なども内容に組み入れる。 
テキスト 特に指定しない。場合によっては受講生と話し合いの上、指定する。 
参考文献 ゼミの過程で適宜紹介する。 
成績評価方法 受講生の参加姿勢・研究発表・レポート等により総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1「博物館学演習Ⅱ」オリエンテーション
2研究テーマをどのように決めていくか?
3問題意識の大切さと学術的な「問い」の立て方
4先行研究の整理とは何だろうか?
5研究テーマに関する先行研究リストを作成する
6先行研究をめぐる相互討論
7調査研究方法に関する相互討論
8研究テーマの設定と先行研究の検討(個別発表①)
9研究テーマの設定と先行研究の検討(個別発表②)
10研究テーマの設定と先行研究の検討(個別発表③)
11研究テーマに関するフィールドワーク
12卒論作成に向けての中間研究発表①
13卒論作成に向けての中間研究発表②
14卒論作成に向けての中間研究発表③
15まとめ
授業時間外における学習方法 ①授業を通して紹介され、自らの問題意識に基づいた研究論文などを精読し、ノートを作成すること。②先行研究に関するノートを作成し研究史の整理を進めること。③研究テーマに即したフィールドワークを行うこと。 
授業のキーワード 博物館教育、博学連携、アクティブラーニング、チームアプローチ 
受講補足(履修制限等) 4年時における卒論研究に直結する内容で構成するため、各自、受講前までに卒論研究に関する問題意識、課題設定などを行っておく必要がある。 
学生へのメッセージ この授業では、各自の問題関心に基づき輪読する文献を選択したり、現地調査レポートを作成したり、主体的な学び、アクティブラーニングを大切にしながら進めていきたいと思います。例年同様、博物館学ゼミ生以外の学生の参加も歓迎します。 
実務経験のある教員による科目 担当教員は、博物館学芸員実務経験、文化財保存・行政実務経験があります。 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式を基本とするが、感染状況によって、一部を遠隔形式で進めることもありえます。受講生の様子を見ながらハイブリッド型にするかどうかを決めていきます。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.