タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯学習(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60734600 
科目名   博物館学演習Ⅰ  
担当教員   君塚 仁彦  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   S101    開講学期   春学期  
曜日・時限   火3   単位区分   選択  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース選択科目A、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   133E12 
ねらいと目標 博物館教育・美術館教育・スポーツ系博物館・地域づくりと博物館、地域社会、文化遺産、学習支援全般に関するさまざまな課題について、生涯学習や社会教育の視点を踏まえ、チームアプローチやアクティブラーニングの手法を用いながら、多角的な検討を行なうことを通じて、博物館・博物館学に対する学術的かつ専門的な研究姿勢と力量、方法等を身につけていくことを目的とする。本ゼミナールでは、専門領域にかかわらず卒業研究に生きる研究姿勢や方法の獲得も目指す。 
内容 博物館学・生涯学習・社会教育に関する研究書・学術論文等を精読し、参加者個々の考察発表を踏まえたディスカッション通して検討・考察を深めていく。授業期間内に6回ほどミニレポートを提出し、検討を深める。その成果を発表し相互に議論しあいながら、後半は、個々の卒業論文の問題意識とテーマ確立に向けた基盤作りを行う。 
テキスト 基本テキストとして、次の文献を指定する。
君塚仁彦・名児耶明『現代に活きる博物館』 有斐閣(2年次SA科目てもテキストになっているものです)
受講予定者は第1回講義までに用意しておくことが望ましい。その他の文献については、自主・自律的なゼミ運営を目ざすため、受講者の問題関心や要望、そして相互討議を踏まえ決定する。
 
参考文献 基本的な参考文献として、伊藤寿朗『市民のかなの博物館』(吉川弘文館)を指定する。附属図書館に常備されている。 
成績評価方法 ゼミ形式の授業のため、受講生の参加姿勢およびミニレポートの内容評価(60%)、最終課題レポート(40%)により総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1「演習Ⅰ」オリエンテーション(文献報告・レポートの作成方法について、ゼミの進め方、討論の重要性等)
2社会教育学や博物館学、文化遺産学において学術的な「問い」を立てることとは何か?-問題意識を見つめ、問題を組み立てること
3生涯学習・社会教育・博物館・文化遺産をめぐる諸状況を考える、調査・分析の方法について
4生涯学習・社会教育・博物館・文化遺産に関する論文を読んで、レジュメの作成方法を学ぶ
5研究文献講読と相互討議(生涯学習・社会研究研究論文報告①)
6研究文献講読と相互討議(生涯学習・社会研究研究論文報告②)
7研究文献講読と相互討議(生涯学習・社会研究研究論文報告③)
8研究文献講読と相互討議(博物館学研究論文報告①)
9研究文献講読と相互討議(博物館学研究論文報告②)
10研究文献講読と相互討議(博物館学研究論文報告③)
11研究文献講読と相互討議(文化遺産研究論文報告①)
12研究文献講読と相互討議(文化遺産研究論文報告②)
13個別研究報告と討議①
14個別研究報告と討議②
15個別研究報告と討議③および「まとめ」(研究論文執筆に向けての準備)
授業時間外における学習方法 ①指定されたテキスト収録論文を事前に精読し、ノートを作成すること。②ゼミ中に紹介された論文を精読し、ノートを作成すること。③本演習では博物館でのフィールドワークを組み込むため、自らの問題意識に近い博物館や企画展などを積極的に見学し、ノート等を作成すること。ノートの作成方法については授業中に指示する。 
授業のキーワード 博物館、博物館教育、生涯学習、学習支援、チームアプローチ、アクティブラーニング 
受講補足(履修制限等) この他に博物館学芸員を招いてのセッションが入る場合がある。 
学生へのメッセージ 社会教育や博物館学に関する専門的な文献をかなり読むことになると思いますが、受講生一人一人の問題関心を聞きながら、適宜、取り上げる文献を追加・変更していきます。「演習Ⅰ・Ⅱ」を通して、専門的な文献を読み解く力、実地調査をする力量、人や地域とのコミュニケーション力などを身に着けることを目指します。 
実務経験のある教員による科目 担当教員は、博物館学芸員実務、文化財保存・行政等の実務経験があります。 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式を基本としますが、感染状況を見ながら、また受講生の様子を聞きながら、一部を遠隔形式で行うこととします。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.