タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯学習(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60734400 
科目名   博物館資料保存論  
担当教員   小川 千代子  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   S404    開講学期   秋学期  
曜日・時限   火4   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース選択科目A、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   132E11 
ねらいと目標 博物館の資料を保存するとは、どんなことなのだろうか。類縁機関との関連を見ながら学ぶ。  
内容 本講義では、博物館とその類縁機関である文書館における紙資料を中心とする保存、保存環境に光を当てていく予定である。博物館・文書館における保存活動に関する基礎知識とともに、資料保存、修復の基本的な考え方、専門家のあり方について、博物館・文書館の現状を比較しながら学ぶ。近年喫緊の課題になっている博物館・文書館などの防災対策やデジタル資料の保存対策などについても触れ、理解を深めていく。  
テキスト 『博物館資料保存論』石崎武志編著、講談社 
参考文献 『現代に活きる博物館』 君塚 仁彦, 名児耶 明 (編) 、有斐閣ブックス、¥ 2,205
『大英博物館の舞台裏 』デイヴィッド・M. ウィルソン著, 中尾 太郎 訳、平凡社
『アーカイブ基礎資料集』大阪大学出版会 |1500+税
『ブルーシールド 危険に瀕する文化遺産の保護のために』コリン・コッホ、国立国会図書館、日本図書館協会
『アーカイブズと文書管理』坂口貴弘 勉誠出版
『アーカイブ・ボランティア』大西愛編 大阪大学出版会
『公文書をアーカイブする』小川千代子ほか編 大阪大学出版会 
成績評価方法 授業&見学への参加及び発表(50%)、試験の成績(50%)で評価します。 
授業スケジュール(展開計画) 各回のテーマは、入れ替わる場合があります。凡例:番号❶はライブ、②はオンデマンドとします。

❶ オリエンテーション-博物館・文書館の資料保存+講師と受講者全員自己紹介
②博物館・文書館・図書館における資料保存・アーカイブ保管 
③文書資料のライフサイクル/情報・アーカイブ・博物館・文書館の諸原則
❹ 博物館における保存の基礎とは 『大英博物館の舞台裏』
❺ 記録管理からみた博物館・文書館の役割と資料の保全 大学史資料室を学ぶ(大学史資料室HPとその資料)
❻ 環境保護と博物館の役割 博物館・文書館における収蔵庫とIPM
⑦ 博物館・文書館の業務 寒川文書館Web見学とレポート提出
❽ 環境保護と博物館の役割 「環境」の意味と広がり 教科書を見る
⑨ 資料保存と電子記録資料 デジタル・アーカイブと博物館
❿ 博物館・文書館・図書館の災害と防災  人為災害への取組みを中心に
⓫ 博物館・文書館・図書館の災害と資料の救助 Web「史料ネット」のフィレンツェ、戦争と「ブルーシールド」
⑫ 博物館・文書館を取り巻く法制度 参考文献『アーカイブ基礎資料集』
⑬ 博物館資料のデジタル化、マイクロ化業務 外部専門家によるプレゼン
⑭ 国際機関と博物館・文書館-資料保存を中心に 世界記憶遺産登録制度と登録遺産の利用
⓯ まとめ-博物館資料の保存は未来へのメッセージ・「残す」ことの意義  
授業時間外における学習方法 博物館では資料をどのように保存しているのか、という観点で、自分が関心を持っている、あるいは行ってみたいと思う博物館(資料館、美術館、動物園、水族館、植物園等を含む)を2か所以上、見学してください。見てきたら、必ずレポートを作成し、提出してください。レポートを書くことは、あなた自身の博物館等に関する知識と経験がより着実に身につき、学びを豊かにします。  
授業のキーワード 資料の保存の基本は資料の存在情報の把握と所在確認、その上で資料自体に関する情報の作成です。 
受講補足(履修制限等) 見学と報告書作成は大切です。同じ見学先でも、二度、三度と見学することで、見えるもの、わかるところが増えたり変化したりすることがあります。そんなことを念頭に置き、博物館等の見学を楽しんでください。  
学生へのメッセージ 教科書に書かれていることはもちろん、そこに書かれていないこともまた、博物館資料の保存を考えるうえで欠かせないことがあります。自分の感性をよく磨いて、積極的な「資料保存」を考えてください。  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式)  
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.