タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯学習(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60734000 
科目名   博物館学基礎論  
担当教員   北垣 憲仁  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   S203    開講学期   秋学期  
曜日・時限   金3   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程美術専攻選択科目B、初等教育教員養成課程美術選修選択科目B、教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース選択科目A、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   132E11 
ねらいと目標 教育支援専門職としての学芸員の資格取得者として必要な博物館に関する基礎的知識を習得し、専門性ある学芸活動の基盤となる理解力を身につけることをねらいとする。また、学校教育と連携しうる学習支援力を養うための内容も随所に盛り込んでいく。博物館学各論の学習と連動しながら、博物館実習に進むための基礎・基盤となる科目であるため、特に①博物館や博物館学・学習支援等に関する基礎知識を確実に習得すること、②博物館での体験や学習成果等をプレゼンテーションする能力・技法を身につけること、を目標とする 
内容 学芸員資格取得者として必要な博物館に関する基礎的知識として、博物館学の構造的理解を深め、その上で、博物館の持つ基本的な機能(資料・作品の収集・管理、展示・公開、教育・学習支援活動)、動物園と水族館をめぐる国際的議論、近代以降の歴史や博物館をめぐる現代的教育課題などに関する知識を体系的に学び、「現代社会における基礎教養」としての博物館に対する能動的理解力をも育成する。 
テキスト 配布資料をもとに進めるが、テキストとして君塚仁彦・名児耶明『現代に活きる博物館』(有斐閣、2012年、2,268円)を指定する。(春学期開講「生涯学習社会と博物館」のテキストとしても使用) 
参考文献 伊藤寿朗『市民のなかの博物館』吉川弘文館を指定するので、できるだけ入手し、読んでおいてほしい。 
成績評価方法 ①リアクションペーパー(評価比率30%)
②課題(同20%)*課題については授業内で提示する
③試験(同50%)
試験は講義内容について基本的な理解ができているかどうかについて評価する
本授業では、①~③を組み合わせて総合的に評価する。なお、学則に従い、出席時数が全体の3分の2に達しない場合は単位認定をしない。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1本授業の目的と方法─博物館とは誰のために、何のためにあるのか
2「博物館」とは何か?─博物館の定義と考えるための視点(テキスト第1章)
3博物館の歴史からその本質を学ぶ①-コレクションと「驚異の部屋」
4博物館の歴史からその本質を学ぶ②-前駆的博物館の出現と分類の思想(テキストP.20~P.21程度)
5博物館の歴史からその本質を学ぶ③-近代市民社会の成立と公共博物館
6博物館の歴史からその本質を学ぶ④-アメリカにおける博物館の展開
7博物館の歴史からその本質を学ぶ⑤-日本における博物学と博物館
8博物館の歴史からその本質を学ぶ⑥─日本における博物館の展開と背景
9「命」あるものを展示する博物館─動物園・水族館をめぐる諸課題から博物館とは何かを問う
10アメリカのチルドレンズミュージアムから学ぶ教育哲学
11地域文化の伝承・創造と博物館─エコミュージアムの思想
12「地域博物館」という考え方(テキスト第6章・第13章)
13「記憶の場」としての博物館と教育的課題、博物館実習について
14世田谷美術館鑑賞教室インターンシップ
15授業のまとめ、試験
授業時間外における学習方法 ①授業で指定されたテキストの関連個所を事前に精読すること。②授業中に紹介された参考文献をできるだけ読むこと。③授業中に紹介された博物館や企画展などをできるだけ見学し、見学記録などを作成すること。 
授業のキーワード 博物館、学芸員、学習支援、チームアプローチ 
受講補足(履修制限等) 本講義は学芸員資格取得のための法令科目であり、博物館実習Ⅰの直接的な事前科目のため、出席状況や授業の参加姿勢等を特に重視します。 
学生へのメッセージ 毎年、本授業は学芸員資格取得を目指す熱心な受講生が多いのが特徴ですが、資格は必要ないけれども博物館の機能や役割などについて幅広い知識を身につけたいという学生、特に教員を目指す学校教育系の学生にもぜひ受講してもらいたいと考えています。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式を予定する(ただし諸状況により変更の可能性がある) 
その他 授業スケジュールについては、受講者数や要望など諸状況を見て一部を変更することがあります。授業中における携帯電話・スマートフォンなどの使用は厳禁。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.