タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯学習(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60733800 
科目名   社会教育実習A  
担当教員   倉持 伸江,柴田 彩千子  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   N103    開講学期   春学期  
曜日・時限   水1   単位区分   選択  
授業形態   実技/実験/実習   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース選択科目A、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   132E13 
ねらいと目標 社会教育・生涯学習の現場における経験を通して、地域における人々の学び合いの展開とそれを支える職員・学習支援者の役割について理解を深めることをねらいとする。  
内容 受講生の関心と状況に応じ、社会教育・生涯学習関連施設(公民館・公民館類似施設、青少年教育施設、児童館、女性教育施設等)や自治体の社会教育・生涯学習担当部署などの現場において、実習を行う。
また、大学でオリエンテーション・事前学習・月例カンファレンス・報告会(ラウンドテーブル)を行い、実習経験を共同でふりかえって学び合う。  
テキスト 授業時に提示する 
参考文献 授業時に提示する 
成績評価方法 実習日誌、実習先からの評価、報告書、報告会での報告などから総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画) オリエンテーション
 ・実習の心構え
 ・実習先への訪問、面談
 ・実習先の決定、実習計画の作成・提出

実習
 ・社会教育に関連する現場で30時間以上の体験(カンファレンス、話し合い、会議、研修等も含む)
 ・実習スケジュールは実習生と実習先で相談して決定する

月例カンファレンス
 ・月1回程度、大学(対面またはオンライン)で実習内容を報告し合う

報告会
 ・2月に社会教育実習A・B合同で実施
 
授業時間外における学習方法 ・実習報告会は、実習Bと合同で2月に実施予定です。 
授業のキーワード 社会教育主事、社会教育士、教育支援職、自治体職員、学習支援 
受講補足(履修制限等) ・社会教育主事資格取得を希望している者以外の履修も可能。生涯学習概説Ⅰ・Ⅱを履修していることが望ましい。
・受講に際しては事前エントリーが必要です。2月に行った「社会教育実習ガイダンス」で配布した資料に記載されています。
・初回授業時にオリエンテーションを行うので、必ず出席してください。
・授業時間外の活動を伴うことを了解のうえ、受講して下さい。 
学生へのメッセージ ・人数や受講態度によって、受講を制限することがあります。
・実習中に無断欠席や居眠り等があった場合、実習を取り止めることがあります。 
実務経験のある教員による科目 〇(実習先) 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面・遠隔(同期型)を併用します 
その他 ・社会教育実習Bとまとめて受講することもできます。
・実習期間が一般的な授業期間と異なるため、成績報告が半年ほど遅れることを了承ください。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.