タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯学習(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60733400 
科目名   図書館情報学演習Ⅰ  
担当教員   前田 稔  
対象学年   3年   クラス   52  
講義室   S101    開講学期   春学期  
曜日・時限   金3   単位区分   選択  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース選択科目A、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   133E12 
ねらいと目標 子供と読書の視点を中心に,図書館情報学について幅広い角度から、自分自身で考え分析する能力を養う。 
内容 自治体の子供読書活動推進計画をテーマとする。『子どもの読書活動の推進に関する法律』において,子ども読書活動推進計画を策定することが明記されて以来,全国的に同計画が示されてきた。一方,この法律は,平成13年に規定されたものであるため,それ以降,各自治体では継続的に更新されてきているものの,教育界における最新の動向を十分に反映しているとは必ずしもいえない状況である。
この演習を通じて,各学生が斬新な計画を提案していくことを目指したい。
随時図書館の現場等とのディスカッションをしていくことも想定している。
また,上記以外にも,受講生の要望があれば積極的に取り入れる。

なお,コロナウィルス感染症の影響により,春学期は東京学芸大学附属小金井中学校内の学校図書館での活動は行わない。

<参考:子どもの読書活動の推進に関する法律 第9条2号>
 市町村は、子ども読書活動推進基本計画(都道府県子ども読書活動推進計画が策定されているときは、子ども読書活動推進基本計画及び都道府県子ども読書活動推進計画)を基本とするとともに、当該市町村における子どもの読書活動の推進の状況等を踏まえ、当該市町村における子どもの読書活動の推進に関する施策についての計画(以下「市町村子ども読書活動推進計画」という。)を策定するよう努めなければならない。
 
テキスト  
参考文献 授業中に紹介する。 
成績評価方法 授業参加状況を総合的に判断する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション(図書館学演習室 総合1号棟(サンシャイン・9階建ての建物)の6階 エレベータ前)
2演習1
3演習2
4演習3
5演習4
6演習5
7演習6
8演習7
9演習8
10演習9
11演習10
12演習11
13演習12
14演習13
15まとめ
授業時間外における学習方法 演習科目のため、授業時間外も積極的な活動を行うことが想定されています。 
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等) 司書資格の選択科目として、全学の学生が受講できる。 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面で行う。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.