タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯学習(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60733100 
科目名   子ども図書館サービス論  
担当教員   黒沢 克朗  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   N404    開講学期   秋学期  
曜日・時限   木4   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース選択科目A、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   132E11 
ねらいと目標 子どもを取り巻く環境を少しでも良くしようと、多方面から試行や実施を重ねている現状。読書の面においても、2000年「子ども読書年」を境に、児童サービスが大きく変わってきている。そんな中、2020年は新型コロナ感染のため、学校の休校、図書館の閉館が余儀なくされ、その影響は計り知れない。
子ども読書推進活動、朝の読書、絵本の読み聞かせ、ブックスタート、読書のアニマシオン、レファレンスといろいろなことが行われている。本講義では、これらのことに触れることは勿論のこと、公共図書館における児童サービスの意義や目的など、基本的なことを講義したい。

 
内容 子どもの本の現状、選書の重要性、選書した本を、子どもたちにどう手渡すか、学校図書館と子どもなど、実践体験を基にして講義を展開させたい。  
テキスト 『児童サービス論』JLA図書館情報学テキストシリーズⅢ 堀川照代編 日本図書館協会
 
参考文献  
成績評価方法 出席(30%)、およびレポート(30%)、テスト(40%)によって総合的に判断します。 
授業スケジュール(展開計画) 1 児童資料・「図書館の自由に関する宣言」・児童サービスとは
2 児童資料 絵本
3 児童資料 幼年向き
4 児童資料 中学年・高学年向き
5 児童資料 昔話・詩・ノンフィクション
6 子どもの本を選ぶということ 絵本を例にして
7 絵本を選んでみよう
8 子どもと本を結びつけるために リスト・集会行事・展示
9 子どもと本を結びつけるために 朝の読書 ブックスタート
10 子どもと本を結びつけるために 絵本の読み聞かせ
11 絵本の読み聞かせをしてみよう
12 子どもと本を結びつけるために ストーリーテリング
13 子どもと本を結びつけるために ブックトーク 読書のアニマシオン
14 子どもと本を結びつけるために レファレンス
学校・地域との連携 広がる児童サービス
15 まとめ  
授業時間外における学習方法 指定した教科書は事前に読んでおくこと、講義の中で紹介した図書には目を通すようにしてください。  
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等) 本来対象となる学年より、下位学年の履修、本来対象となる専攻(選修)以外の、他専攻(選修)の学生の履修を認めます。CAP制の対象外科目です。資格関連科目として、履修科目登録の上限設定からは除外されます。 
学生へのメッセージ 授業の中で、絵本をはじめ多くの児童書を紹介しますので、図書館などを利用し、読んでみてください。そして子ども時代にかえりおおいに楽しんでみてください。講義の中で何か心に引っかかること、疑問などがありましたら、どんどんお寄せください。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式)  
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.