タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯学習(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60732500 
科目名   地域図書館経営論  
担当教員   山口 源治郎  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   火5   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース選択科目A、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   132E11 
ねらいと目標 現代日本の図書館に関する法と制度,図書館政策,図書館経営について理解する。 
内容 図書館法および図書関連法規について概説し,図書館経営の基本的な考え方,図書館政策、サービス計画,評価等についいて解説する。 
テキスト Webclassで授業資料を配布する
授業資料は公開後48時間アクセスすることができる。 
参考文献 塩見・山口『新図書館法と現代の図書館』日本図書館協会
大澤正雄『公立図書館の経営』日本図書館協会 
成績評価方法 筆記試験(Webclassで実施) 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション
2現代図書館法制概説  憲法,教育基本法、図書館法
3図書館法解説① 図書館奉仕の理念,専門的職員
4図書館法解説② 無料制原、住民参加、図書館の条件整備
5図書館法解説③ 私立図書館への不干渉,図書館の自律性、その他
6図書館の条例と規則
7図書館関係法規① 館種ごとの法、地方自治法,地教行法,著作権法など
8図書館関係法規② 読書関係法、障害者サービスなど
9図書館政策① 図書館政策とは何か、国と自治体の政策
10図書館政策② 自治体図書館基本計画など
11図書館政策③ アウトソーシングと図書館
12図書館の基準と評価
13図書館と住民運動・住民参加
14図書館の危機管理
15試験(Webclassで実施)
授業時間外における学習方法 図書館に関わる新聞・雑誌記事等に注意しておくこと 
授業のキーワード 図書館法制,公共図書館経営  
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) Webclassを使用したリモート授業(オンデマンド)で実施する 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.