タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯学習(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60731800 
科目名   社会教育経営論Ⅱ  
担当教員   柴田 彩千子  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   S102    開講学期   秋学期  
曜日・時限   木3   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース選択科目A、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   133E11 
ねらいと目標  本授業のねらいは、受講生が社会教育行政の有する役割、現状、課題を理解し、地域の教育力を高めていくための課題を検討することである。その際に、社会教育と学校教育の連携の仕組みや、学校・家庭・地域(多様な地域組織、企業、NPO等)が連携する実践事例を通して、検討する。 
内容 ➀学校と家庭・地域が連携するための取組みや制度についての理解を深める(テキスト使用)。
➁実際に、、近隣の学校や自治体と協働し、地域学校協働活動や地域資源を活かした地域づくりの取組みを行う。 
テキスト 初回授業時に提示します。 
参考文献 適宜、提示します。 
成績評価方法 課題レポート:50%
グループワークへの参加度およびプレゼンテーションの内容:50%
 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス
2学校と地域のより良い連携を考える
3「生涯学習社会における子ども支援」と「地域の教育力に支えられる学校教育経営」
4社会教育行政と地域づくり
5社会教育行政と学校支援ボランティア
6学校支援事業および地域学校協働活動の事例検討
7協働先との協議
8地域コーディネーターとネットワークづくり
9学校と地域を結ぶコーディネーターの役割
10グループワーク①
11グループワーク②
12グループワーク③
13プレゼンテーションとディスカッション①
14プレゼンテーションとディスカッション②
15振り返りおよびまとめ(上記の配列は、受講生や協働先の状況により変更することがあります。)
授業時間外における学習方法  
授業のキーワード 社会教育行政、地域の教育力、地域の活性化、地域づくり、社会教育と学校教育の連携・協働、地域人材の育成 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 本科目は、社会教育主事(社会教育士)資格の取得に必要な科目です。原則として、本格目を履修する者は、「社会教育経営論Ⅰ」(春学期)を受講済みであること。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔(ライヴ配信型のオンライン授業とオンデマンド型授業、および対面授業を併用します)。詳細は、初回授業時に説明します。 
その他 初回の授業は、zoomによるオンライン授業を行います。zoomへのアクセス方法やURL等は、ポータルメッセージにより連絡しますので、履修予定者は初回授業時迄に履修登録を行うこと。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.