タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生涯学習(E類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60731500 
科目名   生涯学習支援論Ⅰ  
担当教員   倉持 伸江  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   N306   開講学期   春学期  
曜日・時限   木3   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース選択科目A、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース選択科目A 
備考   
ナンバリング   132E11 
ねらいと目標 人生100年時代を迎え、生涯学習のニーズはますます高まっている。こどもからおとなまで、多様な背景をもつ学習者の多様な特性を理解し、それに応じた学習支援に関する知識と技能の習得を図ることを目的としている。また、学習プログラムの企画・運営・評価を通して、主体的な学習を支援するファシリテーション能力を実践的に育むことをねらいとしている 
内容 主体的な学び合いを支援するための理論及び実践について学習する。こども・成人・高齢者の特性と学習論、学習プログラムの編成、参加型をはじめとした学習方法、学習の評価などについてとりあげる。学習者の特性を理解したうえでの支援のあり方や、実践的なファシリテーション能力を育成するために、グループ単位で調査・実践活動に取り組む。 
テキスト 髙井正・中村香著『生涯学習支援のデザイン』玉川大学出版部、2019年 
参考文献 授業で提示する。 
成績評価方法 グループ活動への参加状況20%、グループ活動報告書40%、レポート40%  
授業スケジュール(展開計画) ① オリエンテーション
② 生涯学習支援の理念
③ 生涯学習者を育む学習支援
④ こども・若者の学習支援
⑤ 成人の学習とその支援
⑥ 高齢者の学習支援
⑦ さまざまな学習方法
⑧ 学習者のニーズを調査する
⑨ 学習プログラムのデザイン
⑩ 学習プログラムをつくる
⑪ 学習プログラムについて検討し合う
⑫ 学習プログラムの準備
⑬ 学習プログラムの実施
⑭ 学習プログラムのふりかえり
⑮ まとめ
 
授業時間外における学習方法 グループ活動(調査、学習プログラムの実施)において、授業時間外の活動を伴う。 
授業のキーワード 生涯学習、学習支援、ファシリテーター(ファシリテーション) 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 生涯学習支援論Ⅱと同じ年に連続して受講するのが望ましい。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔(同期型)と対面を併用する。初回は遠隔(同期型)で行うので、WebClassでの指示を確認すること。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.